守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
MTA デメリット

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。
予防と、痛くなる前の治療、歯周病の治療に力を入れています。
歯の治療に関しては、基本的にデメリットもあります。
それは「削る」が大前提だからです。

歯は削ってはいけないものです。しかし、削る(治療する)ことをしないと
・むし歯が進行してしまう
・神経を取らないといけなくなってしまう
・抜歯になってしまう
など、メリットの方が多い場合に治療をすべきであると考えています。

今回は、MTA(Mineral Trioxide Aggregate) のデメリットをお伝えします。
MTAセメントを用いて、むし歯の治療をすることです。
むし歯が神経ギリギリにまで進行してしまった、あるいはすでに神経が見えているくらいの大きな虫歯の治療に行います。
このMTAセメントがあれば、本来神経を取らざるを得なかった歯の神経を残すことができるかもしれません。
神経を残すことができる画期的な治療と言えます。

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)のデメリット
①全ての神経を残すことができるとは限らない
②すでに強い痛みがある場合はMTA(Mineral Trioxide Aggregate)の適応ではない
③成功率が100%ではない
④使うMTAセメントによっては、歯が変色する

①通常は強い痛みがない歯に行う治療です。
 しかしMTAセメントを使った治療をしても、神経が死んでしまったり、炎症を起こしてしまう可能性があります。
 結果、神経を取らざるを得ないことがあります。
②神経が炎症を起こしていますので、通常はMTAセメントを使わず、そのまま神経を取る治療になります。
③①、②の理由からです。
 数ヶ月後から数年後に痛みや腫れが出てきてしまうことがあります。
 当初、私太田貴司もMTAセメントを使った治療を行っていました。
 保険外診療になりますので、数万円を頂いての治療になるのですが、成功率が100%ではありませんでした。
 高額な治療をさせて頂いたにも関わらず、結局神経が炎症を起こして神経を取るのでは、申し訳ない気持ちもありました。
 現在は、MTAセメントを使った治療を行っておりません。
④MTAセメントの色が、各社違います。
 その色を透過して、歯の色が変わってしまうことがあります。
 歯と同じ系統の色を使ったMTAセメントを使うと解決できます。

2020年11月18日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分