守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周内科 デメリット

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。
予防と、痛くなる前の治療、歯周病の治療に力を入れています。
歯の治療に関しては、基本的にデメリットもあります。

今回は、当院で行っている歯周内科のデメリットについてお伝えします。

今のところ、歯周内科治療におけるデメリットはありません。
科学的に歯周病菌の検査をして、専用の歯磨き剤やお薬を使います。
その後、歯石の除去をします。
短期間で素晴らしい改善を認める歯周病治療です。

しかし「この方に歯周内科治療をしても効果がないだろう」という方はいらっしゃいます。
そういう点で、歯周内科治療のデメリットはあるかもしれません。

それは、「喫煙者に歯周内科治療をしても効果が薄い/ない」ということです。

当院ホームページにも紹介してあるように、歯周内科治療は非常に効果が高いです。
長年、歯周病で悩まれていた方に解決の一手を打てる治療です。

「いくら歯医者に行っても・・・」
出血が止まらない、膿が止まらない、腫れが止まらない、歯がどんどん動いてくる
といった悩みの多くを解決できます。

当院では、約50名ほどの方に歯周内科治療をしてきました。
まだそれほど多くはないのですが。
その約50名のうち、お二人は効果がなかったり、歯周病の再発がありました。

そのお二人に共通することは、お二人とも喫煙者だったのです(電子タバコを含む)。

喫煙者は、全身の血管が細くなる傾向にあります。
栄養が末端まで届けられないため、歯ぐきまで薬や栄養が届きません。
いくら素晴らしい治療をしても、喫煙一発でダメになってしまいます。

歯周内科治療だけではありません。
通常の歯周病の治療でも、喫煙をされる方は非常に効果が悪いです。

歯周内科治療をする前には、当院では必ず喫煙のデメリットをお伝えします。
中には禁煙してくれる方もいらっしゃり、とても嬉しいのですが、どうしても禁煙できない方もいらっしゃいます。

そのままご希望される通り歯周内科治療をしても残念な結果になってしまったのです。

歯周内科治療にはデメリットはなくても、喫煙者にとっては喫煙が歯周内科治療のデメリットになる
といったところでしょうか。

喫煙は、お身体全体にとってデメリットしかありません。
悪性腫瘍(がん)、脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、ぜんそく、動脈硬化だけではありません。
乳幼児突然死症候群、うつ病、ストレス、メタボリックシンドローム、糖尿病にも関係あると言われています。
歯周病もそうです。

禁煙、考えてみませんか?

2020年12月2日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分