守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
ダイレクトボンディング デメリット

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。
予防と、痛くなる前の治療、歯周病の治療に力を入れています。
歯の治療に関しては、基本的にデメリットもあります。

それは「削る」が大前提だからです。

歯は削ってはいけないものです。しかし、削る(治療する)ことをしないと

・むし歯が進行してしまう
・神経を取らないといけなくなってしまう
・抜歯になってしまう
など、メリットの方が多い場合に治療をすべきであると考えています。

今回は、ダイレクトボンディングのデメリットをお伝えします。

ダイレクトボンディングは、歯と似た色のハイブリッドセラミック樹脂(セラミック、コンポジットレジンの複合体)を光で固めて詰める治療法です。
歯を削らずに詰め物ができたり、削ったとしても最小限に抑えることができます。
そして、1~2回で終えられることができます。

ダイレクトボンディングのデメリットは、
①欠けてしまう可能性がある
②変色する可能性がある
③外れてしまう可能性がある
です。

①欠けてしまう可能性がある
 強度が強くありません。硬いものを咬んでしまったり、歯と歯が強く当たってしまうと欠けてしまうことがあります。
 金属やセラミックより強度は相当に下がります。
 
②変色する可能性がある
 水分を吸ってしまうことで、変色する可能性があります。
 そして、ダイレクトボンディング自体も劣化するため、経年劣化し変色する可能性があります。
 特に、歯とダイレクトボンディングの境目が一番着色をしやすいです。
 簡単な着色であれば、その場で修正することができます。

③外れてしまう可能性がある
 歯を全く削らなかったり、ほとんど削ることをしないため、ダイレクトボンディング自体の厚みは薄いです。
 厚みを確保しないため、その分外れてしまう可能性があります。

ダイレクトボンディングは、歯にとって優しい治療ですが、デメリットもあります。

ダイレクトボンディングのデメリットが大きい場合は、別の治療法が良いでしょう。

インレーやクラウンによる修復になることが多いです。
材料は、金属(銀歯や金歯)やセラミック、ジルコニアなどがあります。

かみ合わせの強さ、ダイレクトボンディングで詰める場所やその範囲の大きさ(一般的に、小さい方が長持ちします。範囲が広ければ広いほど、欠けてしまったり、外れてしまう可能性があります)

そして、ダイレクトボンディングは保険外治療です。
治療費は、医院ごとに異なってきますので、お問い合わせをよろしくお願いいたします。

2020年11月4日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分