守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯科用ルーペの力

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   歯科用のルーペのお話をします。 おおた歯科こども歯科に通院してくださる患者さんであればお気付きかもしれませんが、私太田貴司は首からメガネみたいなものをぶら下げています。 これを「ルーペ」とか「拡大鏡」と呼びます。 簡単に言うと、「虫メガネ」です。 歯は小指ほどの小さいもので、そこにあるむし歯となるともっと小さくなります。   開業する少し前までは、肉眼で他の歯科医師と同じように治療をしていました。 開業する前に、業者さんから「ルーペ良いですよ~」と声をかけてくださり、試しに3.5倍のルーペを購入しました。 いつも見ている歯が、3.5倍の大きさになるということです。 オーダーメイドなので、私太田貴司の目の大きさ・左右の目の距離を測ってもらい、作製してもらいました。 付けた最初は酔いました。が、すぐに慣れました。 感想は、「すごい!今まで何も見えていなかったくらい良く見える」です。 肉眼で治療するというのは、「見てはいるが、見えてはいない」と断言できます。 ・むし歯の細かいところ、歯石の細かいところ (ごく初期のむし歯・歯石を除いて、痛みのない初期のむし歯・歯石を甘くみてはいけません。初期を見逃したり、放置するから後々の重大なむし歯 …続きを読む

2020年7月29日

セラミック治療は最高の治療?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   「銀歯はイヤだ」「見た目が気になる」とのことで、セラミック治療を選ばれる人が多いです。 確かに、笑った時に銀歯がギラギラ光っていたら気になりますよね。 相手の方の視線が、自分の歯の銀歯に。その視線を見てしまった自分も「あ、銀歯を見られてる」と気付くと、お口を閉じたくなってしまうかもしれませんね。   ということで、見た目重視でセラミック治療を選ばれる方が多いです。 しかし、私太田貴司がセラミックを入れさせて頂いたときの一番の理由は「詰め物の下で、むし歯が再発しにくいから」です。 これは、一般の方と医療人とは考え方の違いがあるでしょう。 私は、歯を「美容」ではなく「医療」と捉えています。 歯を「アクセサリー」ではなく、「臓器」と捉えてます。 つまり、見た目を良くするのではなく、咬むためには?と考えています。   セラミックのデメリットとして「割れてしまうことがある」です。 金属(銀歯なり、ゴールドと呼ばれる金歯)は、割れることはありません。 しかし、セラミックは強く咬む部分や奥歯だと割れてしまうことがあります。 いくら見た目が気になるといって、どこもかしこも何も考えずにセラミックを入れるのは、得策ではないように感じます。 …続きを読む

2020年7月15日

歯医者の特殊性

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   歯医者、歯科医院の特殊性についてお話をします。 具体的に言うと、「歯科医院は予約制」が主流ということです。   内科や耳鼻科、小児科は予約制ではないのに、歯科は予約というのはなぜでしょうか? それは「歯科は処置、外科、手術の連続」だからです。 歯を削ったり、抜いたり、詰め物をしたり、歯石の除去をしたり。 これらは、小さな手術のくくりです。 手術といえば、オペ室で全身麻酔をして何時間もかけてのイメージですが歯科はそれの繰り返しです。 内科のように、パッと診察して診断をして、お薬を出して終わり。次回経過観察。 で完治できれば、歯科医院も予約は必要ないでしょう。 しかし、そういうわけではないですよね。それはむし歯・歯周病はお薬で治るものではないからです。経過観察や放置で治るものではないからです。 ここが他の科と違う特殊性だと感じています。 内科や耳鼻科、小児科でも手術が必要になったら、別日や紹介で大きな病院に通院。 別日になるはずです。 手術の日まで待つのではないでしょうか?ここが歯科はご納得頂けない場合があります。   「歯が痛い」から飛び込みで、連絡もなしで来院。 すぐ診てもらえると思ったのに、待たないといけない。 しっ …続きを読む

2020年7月1日

マウスピースを入れた方が良い人

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   今回はマウスピースのお話をします。 ボクサーがつけるようなものです。 別名、ナイトガード、スプリントとも言われます。 歯科の領域でもマウスピースを使いまして、とても有効です。 マウスピースを入れたほうが良い方は、 ①歯ぎしり・食いしばりをする方  歯が磨り減ってしまったり、歯が欠けてしまう恐れがある  詰め物・被せ物が割れてしまったり、外れてしまう恐れがある  嚙み合わせが強い方で、セラミックを入れている方は、セラミックが欠けてしまう恐れがあります。  セラミックのデメリットとして、金属とは違い欠けてしまったり、割れてしまう可能性があります。  歯だけではなく、人工物を守る意味合いもあります。  残念ながら、マウスピースを入れたからといって、歯ぎしり・食いしばりが無くなるわけではありません。  あくまでも歯を保護するためのプロテクターです。 ②顎関節症がある  顎の負担の軽減のためや、顎を使う筋肉をほぐすためです。  顎関節症の急性症状時は、お口を全く開けることができません。  その時は、マウスピースを作るための型を採ることもできず、応急処置になります。  炎症が治まり、お口が開けられるようになってからマウスピースを作るための型を採ります …続きを読む

2020年6月17日

歯茎から膿が出る

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   今回は、「歯茎から膿が出る」ことについてお伝えをします。 そもそも「膿(うみ)」とは何でしょうか? 化膿した際に傷口から出てくる黄白色でアルカリ性の液体。膿汁(のうじゅう)とも呼ばれる。これは微生物を食べる過程で崩壊した白血球や他の組織が崩壊したもの、その他の死んだ又は生きている細菌などである。膿の有形成分を膿球、液体成分を膿清と呼ぶ。(→Wikipediaより) とあります。 傷や感染したところに、自身の白血球や免疫物質が集まってきます。「外部から敵が来たぞ」と反応するからです。 自分の白血球や免疫物質と、原因となる細菌・その死んだ細菌 の集まり、というと分かりやすいでしょうか? 「単なるばい菌の集まり」だけでなく、自身の血液も混ざっているということです。   歯茎から膿が出る となると、歯周病を思い浮かべるでしょう。 歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に歯周病の細菌が入り込み、自身の白血球や免疫物質が戦い始めます。 戦っている最中の結果、膿が出てくるのです。   歯周ポケットから膿が出るということは、歯周病が相当に進行している可能性が高いです。 ここまで来ると、ご自身では治せないので歯科医院で治療を受けましょう。助かる …続きを読む

2020年6月3日

歯周病は自分で治せる!?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   歯周病は、風邪のように栄養をつけ、休息をとれば治るのか? そして、歯磨きを今まで以上に頑張れば治るのか? 答えは、残念ながらNoです。 が、一部の歯周病であれば治ります。   歯周病は、大きく分けて2種類あります。 歯肉炎と歯周炎です。歯周病は歯肉炎と歯周炎に大別されます。 ①歯肉炎 歯肉だけが炎症を起こしている状態。 歯肉(歯ぐき)が腫れている・赤くなっている・歯ぐきから出血している。 歯を支える骨は全く問題ありません。 ②歯周炎 ①歯肉炎のように歯ぐきだけでなく、歯を支える骨が減っている・溶けている状態です。 歯を支える骨が溶けているということは、歯を支えられなくなっているということです。 最初は気付かないですが、進行すると歯がグラグラしてきます。 グラグラはどこまでいくのでしょうか?それは抜けるまでです。 どれだけ歯がきれいでも、歯周炎が進行すると歯が抜けてしまうのです。   「歯周病は自力で治るのか?」に戻ります。 ①歯肉炎は自力で治ります。 丁寧なブラッシング(歯磨き)、歯間ブラシ、フロス、食生活の見直しで治ります。 うまくいけば、7~10日で歯ぐきの炎症は止まります。 出血は止まり、歯ぐきの赤みは正常なピン …続きを読む

2020年5月20日

歯医者を選ぶ基準は「近いから」

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   当院に初めて来て下さった方が、当院を選んで下さった理由が「近いから」。 この理由でのご来院は、ずいぶん減りました。 一番多いのが、紹介(ご家族やご友人)です。 本当にありがたいことです。 その次が、ホームページです。 私太田貴司や、おおた歯科こども歯科が力を入れていることをよく読んでくださり、すでに私やおおた歯科こども歯科をしっかり調べ上げてから来て下さる方です。   それでも「近いから」で来て下さる方もいらっしゃいます。 「近いから」来て下さる方は、地域の方です。 おおた歯科こども歯科は町医者であり、地域の方の口腔内を良くするためにも在りたいと考えています。特にご近所の方の「痛い」「前歯が取れた」など緊急性のある場合には、すぐに力になりたいと考えています。 しかし、その後の価値観がどうしても合わないことがあります。 「近いから」でいらっしゃった方の多くは、「ここだけで良い」という方です。 対して、私太田貴司やおおた歯科こども歯科は、予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。 ここに大きなギャップが生まれてしまうのです。 個々の価値観に「正しい・間違っている」はありません。 「間違い」ではなく、単なる「違い」です。 …続きを読む

2020年5月6日

「いい歯医者」「おススメの歯医者」ってどこ?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。   皆さんの会話の中で、おそらくあるでしょう。 「いい歯医者ってどこ?」 「おススメの歯医者ってどこ?」 「評判の良い歯医者ってどこ?」 おそらく、というかまずあるはずです。   こちらとしては選ばれる方なので、全く分かりません。   これは「それぞれの価値観で全く違う」のではないでしょうか? 「凄く仲の良い親友から教えてもらった歯医者に行ったけど、イマイチだった」 このようなことは日常で考えられます。 凄く仲が良くても「価値観が違う」のです。   紹介した人が「歯を凄く大切にしている。だから痛くなる前に、削る量を最小限に、治療後もメインテナンスを受けたい」と考えているとします。実際、その人はその考えに合致した歯科医院に通院しているとします。 対して、紹介された人は「むし歯は痛くなってからの治療でも良い。他にもむし歯があっても、ひとまずそこは治療しなくてもいい。自分の歯だとしても、優先順位は低い。メインテナンスなんてとんでもない。」と考えているとします。   この二人が同じ歯科医院に行った時、大きなギャップを感じるはずです。 いくら仲が良くても価値が違うので、紹介された人は「この痛い歯だけで良いのに、他 …続きを読む

2020年4月22日

守山市の歯医者|おおた歯科こども歯科|新型コロナウイルス対策②

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。 新型コロナウイルスが世界で猛威をふるっていますね。オリンピックも延期になってしまいました。 そして、テレビで毎日報道されている記事。 「今、一番行ってはいけないところは、歯科医院」 となっていますが、果たして本当なのでしょうか? もっと危険なお店があるにもかかわらず、「歯科医院はダメ」と一方的に報道されているのですが、別の見方もできないでしょうか? それは、「口腔管理はウイルス感染への水際対策である」ということです。 感染症予防で大切なことは、身体を清潔にすることです。清潔であれば、病原菌は感染しにくいからです。 我々は、手や身体・紙を洗うことには熱心です。しかし、お口の中を清潔にすることにはおろそかになりがちです。 ウイルスは、鼻と口と目から入ります。インフルエンザの場合、お口の中が不潔だと感染しやすくなります。 お口を清潔にし、健康を保つことはウイルス感染の水際対策なのです。 歯周病菌は、強力なタンパク分解酵素を持っており、ウイルスが粘膜細胞の中に感染することを促進します。 歯周病菌は日常のブラッシングだけではコントロールできないため、歯科医院でのプロフェッショナルケアも大切です。 お口の中に入った不潔な細菌・ウイルスは、食道・胃を通って腸内にたど …続きを読む

2020年4月21日

仮歯(かりば)について

滋賀県守山市古高町にある歯医者、 歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   仮歯(かりば)についてお話しをします。 専門用語では、テンポラリークラウン(TEC、テック)と呼びます。 以前はTEKと表記されていましたが、時代の流れで変更になりました。   仮歯は主に前歯の治療中に入れます。目的の一番は「見た目の回復」のためです。 ➀前歯の治療中は、見た目が悪いのでその回復のため ②治療中の嚙み合わせの確保のため 1本でしたらまだ良いかもしれませんが、一度に多くの歯を治療するとき、咬む場所が少なくなってしまいます。 その間は咬みにくくなるため、それを防ぐためです。 ③歯の治療に入ったものの、歯周病の状態が思わしくなく、すぐに被せ物を入れることができない場合。 被せ物を入れたいのに、歯ぐきが腫れている・出血しているなどで歯肉に炎症があるときは、同時進行で治療をします。 歯周病の治療が長期に渡る場合、治療中の歯の位置が変わってしまうことがあります。 歯の移動をふせぐために入れる場合があります。 ④痛みを防ぐため 治療中の歯を野ざらしにすると、痛みが出そうな場合はカバーの意味も含めて仮歯を入れます。   一方、仮歯にもデメリットがあります。 ➀外れやすい 「外すことが前提」で入れますので、硬いものが当たると外れてしまうことがありま …続きを読む

2020年4月8日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分