守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

最近の投稿
カテゴリー一覧
月別アーカイブ

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
アンケートによる歯医者の違い ⑦

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長 歯科医師の太田貴司です。

予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。

 

しばらく前の記事ですが、President(プレジデント)という雑誌に面白い記事がありましたので私の見解も加えつつご紹介いたします。

2020.5/15号からのご紹介です。

ここには「大量アンケートで発覚!悪徳ヤブ歯医者VS最良の神ワザ歯医者は、ここが違う!」という題名の記事があります。

題名は過激にしないと、読者の目を引かないのであえて煽るような題名にされていますね。このあたりはテレビと同じでしょうか。。。

 

【親知らず】約80%の親知らずが抜歯される理由とは

◯なぜ真っ直ぐ生えてこないかなどをきちんと説明

✖立派に役立っている親知らずでも問答無用で抜く

→なかなか煽るような書き方だと感じます。悪意が込められていますね。

 親知らずは抜くもの、と世間では思われている。しかし、その認識は不正確。「親知らずの大半は、まっすぐに生えず、抜かなければいかなくなる」ということなのだ、と記事にあります。

 親知らずが真っ直ぐに生えてこないのは、現代人の顎が狭くなっているからです。親知らずは最後に生えてくるため、まっすぐに生えてこられないのです。

 

 真っ直ぐに生えてこないと、歯みがきが難しいので、むし歯や歯周病になりやすい。さらに、隣の歯をむし歯や歯周病にしたり、圧迫して歯並びを悪くしたりもします。

「真っ直ぐ生えていない親知らずでも即、抜く必要はありませんが、歯の状態が悪化すれば、放置せずに抜いたほうがいいでしょう」とあり、私太田貴司も同感です。

 

私が親知らずを抜歯する理由として挙げるのが「手前の歯がすでにむし歯になっている」「手前の歯がすでに歯周病になっている」です。

一番多いかもしれません。

手前の歯がむし歯や歯周病になってしまったのは、親知らずが原因です。

ですので、いくら手前の歯の治療をしても「原因」がそのままだと治りません。

この場合の原因とは、親知らずです。 

 

真っ直ぐに生えている親知らずには、噛み合わなくても使いみちがあります。

それは「移植」です。

条件や病院が限られますが、他の歯が抜歯になった場合にそこに親知らずを移植する、というものです。

おおた歯科こども歯科は、県立総合病院に紹介させてもらっています。

残念ながら、条件が合わず「移植できません」というお返事を頂くこともありますが、治療して頂いたこともあります。

 

 

2021年12月31日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分