守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯は臓器の1つ? それともアクセサリー?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長 歯科医師の太田貴司です。

予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。

 

歯の治療をするに当たり、何よりも一番に「見た目重視」を優先される方がごくごくたまにいらっしゃいます。

何が何でも「白い歯がいい」ということです。

そこまで仰る方ですので、お口の中への意識はとても高いです。歯科医院側も嬉しく思います。

 

ただその歯に白い物(コンポジットレジン以外;セラミックインレーやセラミッククラウンなど)を入れると、

・すぐに欠けてしまう

・すぐに割れてしまう

・すぐに外れてしまう

・将来的にむし歯になりやすい

側面もあります。

その歯というのは、親知らずや第二大臼歯(前から数えて7番目の歯)です。

そのような喉に近いような歯にデメリットのほうが多い白い歯(コンポジットレジン以外:セラミックインレーやセラミッククラウンなど)を入れるメリットは少ないのではないか?と考えます。

 

白い歯を希望される理由として「金属が目立つ」があります。

上の第二大臼歯は、大きくお口を開けて下からじっくり近付いて見ないと見えません。

一番奥の歯に対して、第三者目線の優先して白い歯を入れても、すぐ割れてしまったら当事者のあなたに不具合が出ます。

その歯を「第三者目線のために入れるのか」「自分の臓器だから、自分のためになるべく長持ちさせたいから入れるのか」で考えて頂きたいなぁと思うときがあります。

年に1回あるかないかですが。。。

親知らずや第二大臼歯に白い歯(コンポジットレジン以外)を入れようと思うと、歯を削る量が増えます。

それは、割れにくくするため厚みを取る必要があるからです。

どこで厚みを取るかは、歯を削り込んで厚みを確保する必要があります。

そうして、無理やりに近い形で入れた第二大臼歯の白い歯(コンポジットレジン以外です)に、どれだけの価値があるのかなぁと思ってしまいます。

 

前歯や小臼歯(前から数えて4番目と5番目の歯)、時には第一大臼歯(前から数えて6番目の歯)にきれいな白い歯を求めるのはよく分かります。

それは見えてしまうからです。

ただそれ以上の奥歯に「白」を求めても、噛めなかったりすぐに欠けてしまうようでしたら、治療を受ける側・させて頂く側が辛いでしょう。

 

歯はあくまでも臓器というのが私の考えです。

内臓と違い、露出はしていますが、本来生まれ持ったもので言えば同じです。

そこを少しでも理解まではいかなくても、お考えいただくと幸いです。

2021年6月2日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分