守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
絶対に保険外の治療のほうが良いの?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長 歯科医師の太田貴司です。

予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。

 

虫歯の治療をして、いざ詰め物・被せものをするとき、何にされるかご紹介を受けたことはあるのではないでしょうか?

簡単に言うと、銀歯か銀歯以外かです。

それは、あなたがその詰め物・被せものに何を求めるかで変わってきます。

・むし歯の再発を防ぎたい

・見た目がきれいなものが良い

・丈夫なものが良い

・できるだけ安いものが良い

などから第一優先を何に持ってくるかということです。これは個人個人で変わってきます。

 

ここにあるのは「説明する義務」と「選ぶ権利」です。

まず我々は、説明する義務があります。

何もせずに銀歯を入れられて良い気がするわけがありません。

「この銀歯かっこいい!」とはなりません。

歯科医院側も、むし歯の再発がある銀歯を1番のおすすめにすることもありません。

 

ですから説明・ご紹介はします。押し売りではなく、説明の義務があるからです。

 

あなたが女性だとして、バックを買いに行ったとします。

定員さんがあなたの身なりを見て「当店で一番安いバックはこちらです。」と案内されたらどんな気持ちになるでしょうか?

あなたが男性だとして、車を買いに行ったとします。

店員さんがあなたの身なりをみて「当店で一番安い車はこちらです。」と案内されたらどんな気持ちになるでしょうか?

結果、一番安いものを選んだならそれでいいのですが、説明もなしにいきなり限定されたら嫌ではないでしょうか?

 

それは歯科でも同じです。

銀歯以外にもあるのに、それをお伝えしないのは説明不足になります。

結果、銀歯を選ばれるのは一向に構いません。なぜなら、「選ぶ権利」はあなたにあるからです。

歯科医院側にはありません。選ぶのはあなたです。

これは当然なのですが、誤解を招きやすいところですね。

銀歯にせざるを得ない場合はあります。

それは抜歯をした方が良い歯であるにも関わらず、患者様のご希望で残す場合です。

1年位しか持たないであろう歯に、セラミックなどを入れるのは気が引けるためです。

 

歯科医院側が「セラミックを選んでください」「セラミックしかありません」と強引に言うのは、話としては「ない」ですよね。

そして、患者様側の「銀歯を選びにくい」も話としては「ない」ですよね。

あなたの価値観で第一優先が銀歯なら、堂々と選んでよろしいでしょう。

 

見失いがちな「説明の義務」と「選ぶ権利」ですね。

 

 

2021年5月5日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分