守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
コンポジットレジン デメリット

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

予防と、痛くなる前の治療、歯周病の治療に力を入れています。

歯の治療に関しては、基本的にデメリットもあります。
それは「削る」が大前提だからです。

歯は削ってはいけないものです。しかし、削る(治療する)ことをしないと
・むし歯が進行してしまう
・神経を取らないといけなくなってしまう
・抜歯になってしまう
など、メリットの方が多い場合に治療をすべきであると考えています。

今回から少しの間、デメリットについてお伝えします。
今回は、コンポジットレジンのデメリットです。
CR(シーアール)と呼ばれます。

悪い箇所を取り除き、白い樹脂を詰め、光で固めるものです。
基本的には、その場での1回で治療が完了します。

私太田貴司が、好んで選ぶ治療です。
メリットは、
・削る量が最小限
・1回で終わる
・白い
からです。

しかし、コンポジットレジンのデメリットが多い場合は使いません。
コンポジットレジンのデメリット
①欠ける
②外れる
③変色する
④縮む
です。

コンポジットレジンは万能ではなく、デメリットも存在するのです。
①欠ける 奥歯の歯と歯の間や、前歯の先にコンポジットレジンを詰めると、残念ながらあっという間に欠けてしまうことがあります。
 コンポジットレジンが不適切だと考えられる場合は、インレーやクラウンで修復することになります。
②外れる 詰め物自体が薄い場合は、外れてしまうことがあります。
 コンポジットレジンが不適切だと考えられるは、インレーやクラウンで修復することになります。
③変色する
 半年、1年でいきなり真っ黒に変色することはありません。
 が、水分を吸ってしまう性質や、コンポジットレジン自体の物性の低下で変色してしまいます。
④縮む
 コンポジットレジンの最大のデメリットかもしれません。
 水分を吸ってしまうので、数年でちょっとずつ縮んでしまうのです。
 人間の目には見えないくらいの収縮なので、患者さまご自身で発見できることは少ないです。
 1ミリ以下の収縮でも、そこからむし歯菌は容易に侵入します。
 その時はしっかりコンポジットレジンを詰めても、数年後にはむし歯になってしまうかもしれません。
 コンポジットレジンが不適切だと考えられる場合は、インレーやクラウンで修復することになります。

コンポジットレジンは日進月歩で進化しますが、デメリットもあります。
使い分けが大事になってきます。

2020年9月23日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分