守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
インレー デメリット

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

予防と、痛くなる前の治療、歯周病の治療に力を入れています。

歯の治療に関しては、基本的にデメリットもあります。
それは「削る」が大前提だからです。

歯は削ってはいけないものです。しかし、削る(治療する)ことをしないと
・むし歯が進行してしまう
・神経を取らないといけなくなってしまう
・抜歯になってしまう
など、メリットの方が多い場合に治療をすべきであると考えています。

今回は、インレーのデメリットをお伝えします。
インレーとは、型を採り部分的な詰め物を入れる治療です。

通常、2回のご来院を頂きます。
1回目で麻酔をして、型を採る。仮の詰めをして終了。
2回目で仮の詰め物を外して、出来上がっているインレーを接着剤で付ける。

日常的に行われる治療ですが、デメリットも存在します。
①削る量がコンポジットレジン比べて多い
②回数が2回かかる
③仮の状態のときに、歯が欠けてしまうことがある
④保険の銀歯だと、中でむし歯が再発してしまうリスクがある
⑤麻酔をしないとできないことが多い

①コンポジットレジン治療で削る部分は、基本的にむし歯の部分のみです。
 しかし、インレーのデメリットとして、むし歯以外の部分を削ることになります。
 そうしないと、外れてしまったり欠けてしまったり、せっかくのインレー治療が無駄になってしまうからです。
②型を採り、その次に詰め物をするので、2回かかります。
 1回で終わるコンポジットレジンと比べて、インレーのデメリットです。
③型を採り、次に入れるまで7日から10日置きます。
 その間は、仮の詰め物をいれるのですが、薄い部分の歯が欠けてしまうことがあります。
 それを見越していると、歯を削りすぎてしまうので、インレーは頭を使いながらの形作りが必要です。
④通常の保険のメタルインレーは、銀歯です。
 その場ではしっかりとむし歯部分を取りきり、しっかりと詰め物をします。
 が、数年後にむし歯が再発してしまうことがあります。
 やっかいなのが、むし歯の再発が見えないことです。
 内部なので見た目だけはもちろんわかりません。
 悩ましいのが、レントゲンにも写らない銀歯下のむし歯が存在することです。
 しかも、相当数存在します。
 銀歯が外れてみて、やっとむし歯が発見できることもあり、銀歯は歯科医師泣かせの詰め物かもしれません。
⑤インレー治療をするには、象牙質までアプローチすることになるので、通常は麻酔をします。
 麻酔をしたあとは、2~3時間しびれています。

2020年10月7日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分