守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病とお鼻の病気(副鼻腔炎)について

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

今回は「歯周病と副鼻腔炎について」お話しをします。

 

お口とお鼻で近い位置にあるので、いかにも関係していそうですね。

 

むし歯にしろ、歯周病にしろ、よっぽど進行しないと副鼻腔炎には関わってきません。

 

まず副鼻腔炎についてお話しをします。

副鼻腔炎とは、鼻の空洞に炎症を起こして、鼻水が出る・鼻から膿が出る・鼻が詰まった感じがする・鼻の周りが痛い・嗅覚がおかしくなる といった症状が出ます。

 

通常の副鼻腔炎は、耳鼻科で治療して頂きます。

しかし、歯が原因の歯性副鼻腔炎があります。

 

むし歯(根尖性歯周炎)や、歯周炎の細菌が上へ上へと進み、副鼻腔炎にまで進行してしまうものです。

この歯性副鼻腔炎は、耳鼻科で治療することはできません。痛み止め・抗生物質で一時的に抑えることはできますが、根本的な解決にはなりません。

 

①むし歯(根尖性歯周炎)からの副鼻腔炎

歯の「中」にばい菌が溜まり、歯の根っこを飛び出し副鼻腔まで進行してしまうものです。

治療は、根の治療(根管治療)や抜歯などです・

 

②歯周病からの副鼻腔炎

歯と歯ぐきの間から歯周病の細菌が侵入して、副鼻腔まで進行してしまうものです。

治療は、歯周病の治療ですが、ここまで進行してしまうと抜歯が多いかもしれません。

 

診断は、患者様からの問診とパノラマレントゲン・CTです。

副鼻腔は空洞なので、パノラマレントゲン・CTで撮影すると、真っ黒に写ります。

しかし通常の副鼻腔炎にしろ、歯性の副鼻腔炎にしろ、レントゲン・CTを撮影すると真っ白に写ります。

 

文字通り、真っ白になるので患者様に説明しても、すぐに分かって頂けます。

 

通常の副鼻腔炎と、歯性の副鼻腔炎との鑑別はそこにむし歯(根尖性歯周炎)・歯周病があるかないかです。

お口に何も異変がないのに、副鼻腔炎の症状がある(鼻水が出る・鼻から膿が出る・鼻が詰まった感じがする・鼻の周りが痛い・嗅覚がおかしくなる)と、耳鼻科です。

 

ほぼ100%の方がお鼻に異常を感じたら、まず耳鼻科に行かれます。

そこで、耳鼻科の先生が「鼻が原因じゃないから、歯科に行って欲しい」と言われ当院に来院されます。

確かに、鼻に異常を感じているのに、いきなり歯科へは行かないですよね。

 

冒頭に書きました通り、むし歯(根尖性歯周炎)・歯周病とも、よっぽど進行しないと、歯性の副鼻腔炎にはなりません。

パノラマレントゲンで、早期発見・早期治療をしていきましょう。

2020年2月19日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分