守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病と運動・睡眠・ストレス

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

今回は「歯周病と運動・睡眠・ストレス」についてお話しをします。

 

歯周病は生活習慣病です。

高血圧や糖尿病と同じ範ちゅうの病気です。

 

生まれつき・遺伝性のものではなく、生まれた後の生活習慣で悪化する・悪化しないが決まります。

ブラッシングが細かいところまでできていない・歯石の除去をしてもらっていない・喫煙をしている・糖尿病や高血圧を放置している

これらは、遺伝ではありませんよね?

生まれてからの生活が、歯周病が悪化する・しない を決めます。

 

①歯周病と運動

食生活・メタボリックシンドロームと運動が関係しているように、歯周病と運動も大きく関与しています。

運動をすると、血行が良くなります。

全身の血行が良くなるということは、歯ぐきへの血行も良くなります。

 

歯ぐきへの血行が良くなると、栄養も行きわたりやすくなり歯周病対策になります。

 

運動不足による血行不良に関連して、喫煙もそうですね。

喫煙をすることで、血管が細くなり歯ぐきへの栄養が不足します。

喫煙は歯周病の大敵です。

 

②歯周病と睡眠

睡眠不足や睡眠の質が悪いと、免疫力が落ちます。

免疫力が落ちると風邪をひきやすくなるように、歯周病の細菌への抵抗力も落ちてしまいます。

 

③歯周病とストレス

睡眠不足と関連しますが、ストレスをずっと抱え込んでいると免疫力が落ちます。

同じく歯周病の細菌への抵抗力が落ちます。

仕事や人間関係のストレスだけでなく、歯への直接的なストレスも大問題です。

それは、歯ぎしり・食いしばりです。

無意識レベルでの歯ぎしり・食いしばりは、歯や歯周組織を破壊します。

 

現代はストレス社会です。

ストレスのない人生はありません。

私は歯科医師なのでストレス対策は専門外ですが、同じストレスをずっと溜め込むのは良くありません。

一時のストレスは仕事のモチベーションアップや人生のモチベーションアップにつながります。

しかし、終わることのないストレスと付き合うことは避けたいですね。

 

歯へのストレス対策は、歯ぎしり・食いしばり対策です。

 

日中、無意識レベルで食いしばりをしているのであれば、ぜひ意識して頂いて食いしばりを減らしていきましょう。

睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは、今のところマウスピースに頼るしかないかもしれません。

マウスピースをしたからと言って、歯ぎしり・食いしばりがなくなるわけではありません。

しかし、歯・歯周組織へのダメージを大幅に減らすことができます。

 

運動・睡眠・ストレス対策をして、歯周病対策をしていきましょう。

 

2020年2月5日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分