守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病とインフルエンザ

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病の治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

今年はよく流行ったインフルエンザ。

インフルエンザと歯周病のお話しをします。

 

数年前、新聞にも取り上げられました。

それは「歯周病が進行していると、インフルエンザになりやすい」「口腔内が清潔でない方は、インフルエンザになった時、タミフルが効きにくくなる可能性がある」というものです。(日本大学歯学部、細菌学講座の研究)

そして、歯磨きなどの日常生活の注意で、インフルエンザの予防ができたり、重症化を防ぐことができるというものです。

 

インフルエンザウイルスは、細胞内に入り込んで増殖し、ほかの細胞に感染を広げます。

その際、ウイルス表面の酵素「ノイラミニダーゼ」を使い、ウイルス自身を細胞から切り離します。タミフルやリレンザなどはこの「ノイラミニダーゼ」の働きを防ぐので、インフルエンザに効果があります。

 

研究で、歯垢(プラークとも呼ばれます;食べカスとそれに集まった細菌が膜を張ったもの)に含まれる細菌がノイラミニダーゼを作り出すということが分かったのです!!

 

お口の中を清潔にして、細菌を減らすことができればノイラミニダーゼを減らすことができます。

そうすれば、インフルエンザになることを防ぐことができます。

さらに、インフルエンザになったとしても重症化も防ぐことができます。

 

個人的には、素晴らしい発表がされたと思います。

インフルエンザは100%予防できるものではないかもしれません。予防接種を受けた方でも感染してしまうこともあります。

しかし、口腔ケアをすることでその確率を減らすことができるのではあれば、やらない手はありませんね

 

①ブラッシングの徹底

重要なのは、起床してすぐの歯磨き(大きなポイントは、朝食前の歯磨きです)。

日本人の習慣として、朝食をした後に歯磨きをします。それでは、寝ている間に増殖した細菌を朝ごはんと一緒に飲み込んでしまっています。

まずお口の中をリセットするために、朝食前に歯を磨きましょう。

 

それと同じくらい大切なのは、寝る前の歯磨きです。

寝ている間に細菌は活発になりやすいです。人間が活動を休ませているからです。

そのため、寝る前にできるだけ細菌を減らしましょう。

 

②歯間ブラシ、フロスの使用

歯ブラシだけでは落とせられない汚れを取りましょう。

 

③定期的な歯石の除去

歯石は、歯ブラシ・歯間ブラシ・フロスでは除去できません。

歯石には、細菌がくっつき離れないので、定期的に除去をしてもらいましょう。

2019年7月24日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分