守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病とアルコール・お酒・ビール

滋賀県守山市にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長、太田貴司です。

おおた歯科こども歯科は、歯周病の治療・予防に力を入れております。

なぜなら、歯周病があると歯が根本から崩れてしまうからです。

 

どれだけまっさらできれいな歯があっても歯周病が重度だと抜けてしまいます。

どれだけ高いセラミックの歯を入れても、歯周病が重度だと抜けてしまいます。

歯は、歯ぐきありき・歯を支える骨ありきだからです。

歯周病治療は、歯を守ることになります。

 

今回は、「歯周病とアルコール・お酒・ビールの関係」です。

 

この関係性は、全く無いようで実は「おおあり」です。

アルコール・お酒を多く飲むと、活性酸素が増え、抗酸化力が低下するようです。

 

岡山大学が発表した論文にもあります。

「過剰なアルコール摂取が歯周病を悪化させる」と予防歯科学分野の 山本龍生先生が論文で発表をされています。

歯周病の直接的な原因は、細菌です。

増悪因子(直接的な原因に加えて、これがあると悪化する因子)が喫煙、糖尿病、関節リウマチ、高血圧、肥満、そしてアルコール・お酒です。

 

アルコール・お酒を飲むと、お口の中が乾きます。

乾くと唾液が減ります。

歯周病菌・むし歯菌に抵抗力を持つ唾液が減るということは、それだけ歯周病(むし歯)にもかかりやすくなります。

 

そして、アルコール・お酒を飲むということは、酔います。

酔ったまま歯磨きをせずに、そのまま寝てしまう。

そんなお口の中は、歯周病菌・むし歯菌の繫殖する絶好の場になってしまいます。

寝ている間は、宿主である人間は静かです。

その間に、歯周病菌・むし歯菌は活発になります。

唾液も出る量が減るので、どんどん増殖します。

 

アルコール・お酒と歯周病の関連をまとめると、

①活性酸素が増え、抗酸化力が低下する。

歯周病菌に対する、宿主(ヒト)の抵抗力が落ちる。

②唾液の量が減る

歯周病の増殖する機会が増える

③酔って歯を磨かずに寝てしまう。

歯周病菌がより活発になる。

 

以上のトリプル悪で、「アルコール・お酒と歯周病菌の関連」は「おおあり」ということになります。

アルコール・お酒は、美味しい季節・美味しい場というのはどうしてもあります。

しかし、多量に飲まないようにしていきたいですね。

 

少し話はそれますが、「アルコール・お酒を飲んでいる人は、歯科の麻酔が効きにくい」という説があります。

このことを初めて聞いたのは、患者様からです。

学校や教科書では見たことも聞いたこともないのですが、俗説で根拠のない話のように感じます。

 

 

2019年7月10日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分