守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病と全身の病気

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病の治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

前回のインフルエンザに関連して、歯周病と全身の病気についてお伝えします。

 

歯周病は、ただ単に歯がグラグラになって抜ける病気ではありません。

全身の病気とも関係しています。

 

例えば、

アルツハイマー病、脳梗塞、心筋梗塞、心内膜炎、高血圧、誤嚥性肺炎、糖尿病、動脈硬化、低体重児出産、早産、骨粗鬆症、関節炎・腎炎です。

全く関係のないようなものでも、本当に関係しています。

メカニズムは、歯周病の細菌が血管を伝って、全身に回るからです。

 

①歯周病と血管の病気

歯周病の細菌が原因で、血管が細くなります。

どこの血管が細くなるかで、脳梗塞・心筋梗塞などが分類されます。

 

②糖尿病

糖尿病は相互の関係があります。

歯周病の方は、糖尿病にかかりやすい。

糖尿病の方は、歯周病にかかりやすい。

ということです。

歯科医院が糖尿病を治すために、歯周病の治療をすることはありません。(できません)

 

しかし、おおた歯科こども歯科で通院している方に例があります。

HbA1cが8%を超えている重度の糖尿病の方がいらっしゃいました。

その方は重度の歯周病でした。

歯ぐきが腫れ、赤く出血していました。すでにグラグラ動いている歯もあります。

負担にはなりますが、その方に1か月ごとの歯周病治療をお願いしました。

幸い、受け入れて下さり1か月ごとに来院してくださいました。

 

気付いた時には、HbA1cが6%台になっていました。

治療前から、歯周病と糖尿病の関係はお伝えしていましたが、まさかこんなに改善されるとはお互い思ってもいませんでした。

その後も、ずっと通って下さり、糖尿病も安定しています。

 

③歯周病と低体重児出産

歯周病の細菌が、胎盤を伝って直接感染すると言われています。

赤ちゃんが危険を察知して、「早く産まれなきゃ」と察知すると考えられます。

重度の歯周病のある方は、7倍低体重児出産のリスクがあります。

 

④歯周病と骨粗鬆症

歯周病があると、骨をつくるエストロゲンが少なくなると考えられています。

 

⑤歯周病と誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎の原因は、歯周病の細菌とされています。

高齢者で誤嚥してしまった時、肺炎につながるかどうかが関わってきます。

 

歯科、歯医者、むし歯、歯周病と言うと、どうしても医科に比べ軽視されがちで。

それは、直接命に関わらないと考えられているからです。

「痛いときだけ歯医者に行く」というお考えは、もしかしたら将来の病気につながるかもしれません。

2019年8月7日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分