守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
セラミック治療は最高の治療?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。

 

「銀歯はイヤだ」「見た目が気になる」とのことで、セラミック治療を選ばれる人が多いです。

確かに、笑った時に銀歯がギラギラ光っていたら気になりますよね。

相手の方の視線が、自分の歯の銀歯に。その視線を見てしまった自分も「あ、銀歯を見られてる」と気付くと、お口を閉じたくなってしまうかもしれませんね。

 

ということで、見た目重視でセラミック治療を選ばれる方が多いです。

しかし、私太田貴司がセラミックを入れさせて頂いたときの一番の理由は「詰め物の下で、むし歯が再発しにくいから」です。

これは、一般の方と医療人とは考え方の違いがあるでしょう。

私は、歯を「美容」ではなく「医療」と捉えています。

歯を「アクセサリー」ではなく、「臓器」と捉えてます。

つまり、見た目を良くするのではなく、咬むためには?と考えています。

 

セラミックのデメリットとして「割れてしまうことがある」です。

金属(銀歯なり、ゴールドと呼ばれる金歯)は、割れることはありません。

しかし、セラミックは強く咬む部分や奥歯だと割れてしまうことがあります。

いくら見た目が気になるといって、どこもかしこも何も考えずにセラミックを入れるのは、得策ではないように感じます。

 

セラミックより見た目は劣りますが、より丈夫な白い詰め物もあります。

ジルコニアと呼ばれるものです。

セラミックのデメリットはカバーできますが、金属ではないため100%とは言えません。

割れてしまう時は割れてしまいます。

 

適材適所が重要です。

金歯(ゴールド)は、むし歯になりにくい上、銀歯のように硬すぎないのが特長です。

銀歯のように硬すぎると、相手の歯を傷めてしまい、むし歯でもないのに痛くなってしまうことがあります。

そして、他の銀歯を入れていない歯がすり減る中で銀歯だけが擦り減らずに咬み合わせが悪くなってしまいます。

 

一番奥や、奥から二番目は白さを重視するよりも、

割れない・むし歯になりにくい・相手の歯にも優しい

ゴールドが良いと考えております。

場合によっては、ジルコニアでも十分長持ちする歯もたくさんあります。

 

セラミック・ジルコニア・ゴールドの治療費(値段)は、医院によって違います。

保障制度があり、保障期間を作ってもらえる医院もあるでしょう。

色々お調べになって、ご自身の歯が長持ちするような詰め物・被せ物を入れたいですね。

2020年7月15日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分