守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病とお薬(抗生物質・痛み止め・うがい薬)

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

歯周病とお薬の関係性についてお伝えします。

 

歯科で使う飲むお薬には、大別すると2種類あります。

抗生物質(抗菌薬)と痛み止め(鎮痛剤)です。

 

抗生物質には、もう多々種類がありますので述べ切ることは致しかねます。

痛み止めに関しては、歯科では「ロキソニン」「カロナール」「ボルタレン」が主流でしょう。

 

この2種類のお薬は、歯周病に効果があるのでしょうか?

このお薬を飲んでいれば、歯周病は治るのでしょうか?

 

まずは、「効果があるのかどうか?」ですが、

歯周病の「急性期」には両方とも効果があります。

急性期とは、歯周病の細菌が大暴れしていて「痛い・腫れている・膿が出ている・出血している」時期のことです。

この時期はぜひ痛み止めをお飲みになって、歯科医院で抗生物質をもらいましょう。

反対に「慢性期」もあります。この時期は、痛みも腫れも何も症状がない時期です。

歯周病はこの慢性期の方が長く多いです。

しかし、この間にも歯周病は静かに確実に進行しています。

ここが歯周病の怖いところです。

 

次に、「お薬を飲んでいれば、歯周病は治るのか?」です。

答えは、「治りません」です。

歯周病は、お薬で治すものでも治るものでもありません。

日常の歯ブラシや、歯科医院での治療(スケーリング・SRP)で改善させるものです。

 

お薬は、一旦その時の症状を抑えるだけであって、根本的な解決にはならないのです。

歯科医院で処方されるうがい薬や、ドラッグストアにもあるうがい薬も同じです。

一時の緩和やさっぱり感にはなるでしょうが、根本的な解決にはなりません。

 

あくまでも、歯ブラシやスケーリング・SRPといった「何かの道具で、機械的に清掃すること」が歯周病の改善につながります。

何を清掃するかと言うと、汚れや細菌の塊(プラーク・バイオフィルム)です。

 

おおた歯科こども歯科で、スケーリング・SRPを受けられる方がよくおっしゃるのが「すっきりした」「気持ち良かった」で私たちは嬉しい限りです。

 

ただ、私たちはマッサージのように気持ち良くなってもらうためではなく、細菌の住み家となる歯石の除去や細菌を減らすためにスケーリング・SRPをしているのが本来です。

 

結果、「すっきりした」「気持ち良かった」を言われるのはとても嬉しいので、そう思って頂けるように精進すると同時に、除去すべき歯石や細菌は除去していきます。

 

歯周病は抗生物質や痛み止めではなく、歯ブラシ、スケーリング・SRPで改善していきましょう。

2019年12月25日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分