守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病は治る?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

今回は、「歯周病は治るの?」です。

答えは、「治るものと、治らない/治りにくいもの に分かれます」です。

 

歯周病は、大きく分けて2つに分類されます。

歯肉炎(G)と歯周炎(P)です。

Pには、P1・P2・P3と数字の分類があり、数字が大きいほど重度です。

 

歯肉炎とは、歯肉だけの病気です。

「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきが赤い」「歯ぐきから出血する」が症状です。

対して、歯周炎とは、上記に加え歯を支える骨の病気です。

「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきが赤い」「歯ぐきから出血する」に加えて、

骨の病気である「歯が動く」「歯が動揺する」「歯がグラグラする」などです。最終は、歯が抜けてしまいます。

 

歯周病は治るの?に戻ります。

歯肉炎(G)は治ります。

歯周炎(P)は治りません/治りにくいです。

 

つまり、

歯ぐきだけ(G)なら治ります。

歯周炎(P)で溶けてしまった骨は戻りません(お口の中が素晴らしい環境になった、再生治療なら別です)

歯周炎でも、歯ぐきの腫れや出血は治まりやすいです。しかし、骨は戻らない/戻りにくいので、結果「歯周炎は治らない/治りにくい」となります。

 

では、どうすれば良いのか?

①歯周炎にしない。歯肉炎で治す。

予防ですね

②初期の歯周炎(P1)で、進行を止める。

成人の80~90%は歯周病なので、歯周病にならないことは不可能かもしれません。

大事なのは、ここで止めることです。

③中等度の歯周炎(P2)で、徹底的に治療をして進行を止める。あるいは進行をゆっくりにさせる。

④重度の歯周炎(P3)で、再生療法や歯周内科治療を受ける(100%進行が止まると保障はできません)

 

治療の基本は、それほど大差はありません。

日々の歯磨き(軽視されがちですが、とても重要です)と、歯科医院での治療(スケーリングやルートプレーニング、歯周外科・歯周内科、再生療法)です。

 

まず目指すべきゴールは、「歯ぐきから出血がなくなる」ことです。

「たかが出血」と思われるかもしれませんが、歯周病で歯ぐきから出血がある・そして出血が続いているというのは、とても悪いサインなのです。

出血しているということは、血管が切れ歯周病の細菌が入り込みやすく、増殖しやすいということなのです。

歯周病が原因での出血は、一刻も早く止めたい状況なのです。

 

まずは丁寧な歯磨きをして、歯科医院で歯肉をきれいにしてもらいましょう。

2019年10月23日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分