守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病と牛乳 歯周病と食べ物

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

今回は、「歯周病の予防・改善に、牛乳は有効か?」

です。

牛乳を飲むと骨が強くなり、骨粗しょう症の予防になります。

それは、歯を支える骨(歯槽骨)にも有効なのか?から来ているのでしょう。

 

答えは、「有効とある情報もあるし、逆に歯周病を進行させる情報もあります。今のところ、どちらが正解か分かりません」です。

そうなのです。情報によって真逆のことを言っているのです。

 

そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、すいません。

似たり寄ったりなら分かるのですが、真逆なのです。

 

歯周病ではなく、むし歯の予防に牛乳は有効か?

これには答えがでています。

答えは、「有効どころか、逆に牛乳はむし歯の原因になる」です。

これは今のところ正しいようです。

牛乳には砂糖は含まれていません。

ただ、乳糖が含まれています。

 

糖が入っているので、むし歯の原因になります。

砂糖の入っていないヨーグルトにも乳糖は入っています。

(ちなみに、むし歯のリスクとしては、砂糖→果糖→乳糖です。)

 

牛乳と歯周病の関連については、いつか答えが出ることを願っています。

 

牛乳とは離れますが、歯周病と食物についてお伝えをします。

歯を失いやすい食物:バター、ラード、マーガリン、牛や豚の脂身、白い炭水化物(白いご飯、白いパン)

 

歯周病から守る食物:5大栄養素(炭水化物、ミネラル、タンパク質、ビタミン、脂質)。さらには、えごま油・しそ油も良いとされています。

えごま油・しそ油は、炎症を抑える効果があります。1日2gが目安です。 えごま油・しそ油は、不足していると歯周病が1.5倍進行すると言われています。

 

WHOからの発表もあります。

・低栄養は、歯周病を悪化させる

・抗酸化物質(ビタミンC,ベータカロチン、ビタミンE)は、歯周病の予防因子である。

 

サウジアラビアの発表では、ビタミンDが歯周病の進行を抑制するとされています。

ビタミンDを多く含むものは、しらす干し・きくらげ・いわし・さけ・さんま・いくら・干ししいたけ・うなぎです。

 

歯周病に良い食物は、特別なものではなさそうですね。

悪い食べ物は想像につくものもありますし、ないものもありますよね。白い炭水化物が歯周病に良くないことは多く方がご存知なく、私も初めて聞いたときは驚きました。

 

私たちの体をつくるものは、私たちが食べる物から構成されています。

口腔ケアだけでなく、食生活からもアプローチできると良いですね。

 

 

 

2019年10月9日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分