守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
ブリッジ治療について

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

ブリッジとは、歯を失った場合、その歯を補うときに選択される治療方法の1つです。

橋渡しのような形になるので、「ブリッジ」と言われます。歯を失った部分に入れるつながった被せ物のことです。

①前後の歯を用いてつなげる

②前2本、または後ろ2本を用いて延ばしてつなげる

タイプがあります。

 

【ブリッジのメリット】

①歯に近い感覚

②接着剤で固定するので、取り外しをしなくても良い

入れ歯のような取り外しの煩わしさがない。

③インプラントのような高額治療ではない。

 

【ブリッジの限界、デメリット】

①前後の歯を削る必要がある

むし歯でもない歯を削るというのは、こちらもそうとうの罪悪感があることも事実です。

ブリッジの最大のデメリットです。

ここはとても大切なことなので、しっかりお伝えしています。

むし歯ならまだしも、ブリッジを入れるためだけに、健康は歯を削らなくてはいけないこと。

それは後々の後悔になるかもしれません。

1本の歯を補うために、2本以上の歯を削る必要がある。

なかなかのデメリットだと考えます。

 

②支えとなる歯が弱いと、ブリッジができないことがある

例えば、歯周病です。

グラグラになっている歯を用いてブリッジをすると、他の歯も歯周病になってしまいます。

つながっているため、グラグラが広がってしまうのです。

 

③歯を多く失っていると、ブリッジができないことがある

(国のルールで、この歯を失ったら、この歯とこの歯を使ってブリッジを作製してください、という決まり

があります。)

そうなると、入れ歯かインプラントの選択肢になります。

 

④奥歯の保険のブリッジは、銀歯になることが多い。

 

ブリッジ作製の流れ

①ブリッジの支えとなる歯に神経がある場合は、麻酔をします

②ブリッジの支えとなる歯に、詰め物や被せ物がある場合は外します

その歯に虫歯がある場合は、治療。

ブリッジの型を採るのは、次の回になる場合があります。

③ブリッジの支えとなる歯同時が平行になるように整えます。

④型を採ります

反対側の型を採ります

かみ合わせの跡を採ります

⑤仮の歯を入れます

1日目はここまでです。

 

⑥採った型に石こうを流します。

すると、お口の中が再現されます。

 

技工士が技工所でブリッジを作製します。

 

2日目

⑦仮の歯を外します

⑧調整し、ブリッジを入れます。

長いブリッジなどは、数回に分けて調整し、入れることがあります。

神経のある歯にブリッジを入れると、はじめのうちはしみることがあります。

2018年11月3日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分