守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
麻酔のあれこれ

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科、院長太田貴司です 。

歯科の治療で使う麻酔。

用途や安全性を重視するかで使い分けます。

 

①キシロカイン含有の麻酔液

歯科治療の約99%に使われるでしょうか。

一般的で、スタンダードな麻酔液です。

 

2~3時間ほど痺れます。

痺れている間は、感覚がありません。

間違って唇をかまないようにしましょう。

特に、初めて麻酔をする小児の方。

知らず知らずのうちに唇や頬を咬んでしまうと、大きく腫れます。

大きな口内炎のようになります。

徐々に治りますが、それまではお辛いので、親様がフォローをお願いいたします。

咬まないよう気を付けて頂ければ、麻酔が残っていてもお食事は可能です。

 

麻酔した部分の歯ぐきが痛くなることがあります。徐々に治まります。

 

上の前歯に麻酔をすると、鼻が痺れることがあります。

 

心臓がドキドキすることがあるかもしれません。

それは、麻酔液に入っている“アドレナリン”の影響です。

1時間以内には治まります。ご安心ください。

 

②メピバカイン

高血圧や糖尿病が重度の方に使います。

①のキシロカイン含有は、血圧や血糖値の変動があります。

それが心配な方に使用しています。

さらに、痺れる時間が①キシロカインの約半分です。

「ずっと痺れているのが嫌です」という方に用います。

ただ、麻酔の効果が少ないので、効きが良くないです。

「麻酔が効きにくい」のです。

 

※心筋梗塞、狭心症に絶対安全な麻酔液

残念ながら、ありません。

直近6ヶ月以内に発作があった方は、内科の先生に相談させて頂きます。

麻酔をすることによって、心筋梗塞・狭心症が引き起こされることがあります。

 

※どうしても麻酔が効きにくい場合があります。

①治療前からすでに激痛がある時

神経が興奮状態にあります。

なかなか麻酔が効きません。

その場合は、麻酔の量を増やすか、じっくり時間を置くか、麻酔の場所を変えます。

激痛までになると、痛いだけでなく麻酔も効きにくいのです。

ぜひそうなる前に治療をしましょう。

 

②下の奥歯

骨が厚いため、歯にまで麻酔液が届きにくいです。

特に親知らず、第二大臼歯、第一大臼歯といった奥歯です。

麻酔の量を増やすか、じっくり時間を置くか、麻酔の場所を変えます。

 

③歯ぎしりをしている方

“ペンだこ”のように骨が分厚いため、歯にまで麻酔液が届きにくいです。

麻酔の量を増やすか、じっくり時間を置くか、麻酔の場所を変えます。

 

④緊張している方

神経が興奮しているためです。

初回はお話に留め、リラックスして頂いてその次から治療をします。

麻酔の量を増やすか、じっくり時間を置くか、麻酔の場所を変えます。

2018年9月26日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分