守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
ファイルとは……

歯科治療における「ファイル」とは、根管治療(こんかんちりょう)に使われる道具です。

根管とは、歯の内部にある神経の通り筋のことです。

歯は、丸ごと「歯」ではなく、内部が空洞になっています。

例えるなら「ちくわ」です。

中は空洞になっていて、その空洞に神経(歯髄)が入っています。

 

むし歯でズキズキ痛いときは、「神経を取る」治療になることが多いです。

別の表現で「神経を抜く」とも言われます。

 

たまに、「歯を抜くのですか?」と質問を受けますが、歯そのものを抜くわけではありません。

歯の内部にある「神経」だけ抜きます。

私は、「歯を抜かれる」と誤解されがちなので、「神経を抜きます」とは言いません。

「神経を取る治療をします」と言うことが多いです。

どちらにしても、イメージが付かない治療ですね。

 

歯の内部の空洞は細いため、ファイルという「ヤスリ」みたいな道具を使います。

ヤスリを使って、掻き上げて神経の治療をします。

 

また神経の治療を受けた後、再治療になる場合があります。その際もファイルを使います。

さて、このファイル。用途は同じですが、2種類あります。

ステンレスファイルとニッケルチタンファイルです。

 

①ステンレスファイル

以前、主流だったファイルです。

種類が多く、様々な根管に対応できます。

しかし、根が曲がった根管には不向きの場合があります。

使用する歯科医師によって、仕上がりがバラバラになりがちです。

 

②ニッケルチタンファイル

ステンレスファイルに比べ、柔軟なので根が曲がった根管に向いています。

各メーカーから様々なニッケルチタンファイルが発売され、どんどん進化しています。

種類が少ないため、ステンレスファイルの方が向いている場合があります。

専用のモーターを使って仕上げるため、使用する歯科医師によるバラツキが少ないです。

 

ステンレスファイル、ニッケルチタンファイルとも長さに種類があります。

前歯は根管が長いため、長いファイルを使います。

奥歯は根管が短いため、短いファイルを使います。

乳歯は根管が短いため、短いファイルを使います。

 

ファイルで根管を仕上げ、ばい菌を除去したあと、根管充填をします。

空洞になった根管を埋めて、再度ばい菌が入らないようにします。

その後は、詰め物をしたり、被せ物をして完了です。

 

ファイルを使うということは、すでに歯が大きく損傷している証拠です。

初期のむし歯であれば、ファイルを使うことなく詰め物をして完了です。

ファイルは常に進化していますが、ここに至るまでの治療を受けて頂きたいです。

 

2018年8月22日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分