守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
その治療はどのくらいもちますか?

「定期的に歯周病の治療を受けると、どのくらい歯がもちますか?」

「この保険外の被せ物を入れると、どのくらいもちますか?」

「もうしばらく来なくても良いのですか?」

「もう大丈夫ですよね?」

 

歯周病の治療、むし歯の治療ともにこのご質問を受けます。

医療側の答えは、

「分かりません」です。

治療するからには、歯科医師も歯科衛生士もできるだけ長持ちするよう、丁寧に治療をします。

それでも「分かりません」です。

 

おそらく「どのくらいもちますか?」には、

「治療を受けたのですから、ずっともたせてくださいよ」

が意味合いで含まれていると思います。

(そのようなことをおっしゃる方はいませんが。)

そのお気持ち、よく分かります。

自分の時間とお金を使って、わざわざ歯科医院に行き、お口を開けて診察を受けるのですから。

 

もう一度、言います。

そのお気持ち、よく分かります。

反対の立場だったら、私もそう思うはずです。

その上で申し上げます。

私たちのが相手にしているのは、“目に見えない菌”です。

 

例えば、セラミックやジルコニア。

これらの保険外の白い被せ物があります。

それを、箱に入れて保存しておけば、「ずっともちます」とお答えできます。

銀歯ですらそうです。

しかし、一旦お口の中に入れると、それは「人工物」から「お身体の一部」になります。

もう人工物ではありません。

唾液が入ります。砂糖が入ります。熱いもの・冷たいものが入ります。

どうしても劣化します。

 

歯もそうです。

治療した以上、元の歯に戻ることはありません。

削って小さくなっているわけですから、菌が入る余地は十分にあります。

 

例えば、歯周病。

歯石を取り、歯ぐきがきれいになったとします。

しかし、歯石はまたつきます。

1回歯石を取ってもうつかないことはありません。

再度歯石が付けば、そこに歯周病のばい菌が付く余地は十分にあります。

 

歯周病にしろ、むし歯にしろ、原因はばい菌です。

いくら歯科医師や歯科衛生士でも、ばい菌は目には見えません。

油断ができないのです。

 

ケアが悪いと、すぐに悪くなります。

歯周病になってしまったのには、原因があります。

むし歯になってしまったのには原因があります。

その原因を改善・修正しないと、再発します。

そこを無視して、長持ちさせるのは不可能であるのが現実です。

 

治療後からがスタートです。

一番きれいなのは、治療後です。

その状態を維持しましょう。

毎日の歯磨きと定期的なケアをしていきましょう。

 

2018年7月25日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分