守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
くっついた歯??

癒合歯(ゆごうし)と呼びます。
本来、独立して生えてくるはずだった2本の歯が、くっついて生えてきてしまったものを言います。
乳歯の前歯に多く見られ、それほど珍しいものではありません。
下の前歯(乳歯)の1番目と2番目、下の前歯(乳歯)の2番目と3番目がくっついてしまった癒合歯がほとんどです。
上の乳歯同士がくっついてしまった癒合歯も見られます。
永久歯では、ほとんど見られません。
乳歯が癒合歯だったので、永久歯も癒合歯ということも、ほぼほぼありません。

癒合歯は、独立した歯がまず生えてきて、お口の中で後からくっついてしまったわけではありません。
お母さんのおなかにいる時に、歯と歯の卵の時点でくっついてしまったと考えられますが、なぜくっついてしまったのかは分かりません。
たまたま、起こってしまったと考えられ、何が悪かったわけでもありません。
お母様が悪かったわけではないですし、お子様も悪かったわけでもありません。
本当に「たまたま」なのです。

【将来起こりえること】
①癒合歯の下に控えている大人の歯(永久歯)が1本足りないことが多い
  これも何が悪かったわけではありません。
  乳歯に癒合歯があると、永久歯の2番目の歯(側切歯)が生まれつき存在しないことが多いです。
  約50%とされていますが、個人的に臨床現場ではもっと多いイメージです。
  レントゲンで確定できます。
4歳でレントゲンで発見しようと、と6歳でレントゲンで発見しようと遅かれ早かれなのですが、早い時期に癒合歯をお伝えし、早い時期にレントゲンで確定したほうが、親様には喜ばれます。
永久歯が1本ないと、将来“空きっ歯”になり、前歯に隙間が出てくる可能性が高いです。
治療としては、
 ・経過観察
 ・白い詰め物をする
 ・矯正をする
 などがあります。
ご本人や、親様がどこまで気にされるかにもよります。

②境目がむし歯になりやすい
  くっついている部分に汚れがたまりやすく、むし歯になりやすくなります。
  癒合歯の内部では、神経が複雑に絡み合っている可能性があり、治療が非常に困難になります。
  毎日のブラッシング・フッ素の塗布で、むし歯にならないようにしましょう。
  他の歯と同じで、むし歯の対策には、砂糖の制限も大切です。

  前もって、シーラントで溝を予防的に埋める方法もあります。
  むし歯になってしまったら、ぜひ早期に治療します。
  早期であればコンポジットレジンによる治療で1回で完了できます。
  歯に似ている詰め物ですので、目立つことはありません。

2018年3月28日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分