守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
乳歯が抜ける時期

乳歯が抜けて、その奥から大人の歯(永久歯)が生えてくるのですが、その乳歯が抜ける時期はいつでしょうか?
 個人で1年前後の誤差はありますが、概ね決まっています。
 時期の違いがあるので、「あの子が前歯がもう抜けたのに、うちの子は全く抜けていない」とご心配される方もいらっしゃいますが、ご安心下さい。
 通常はゆっくりなだけで、抜けていきます。
 (中には、隣の歯にぶつかってひっかかっていたり、永久歯が生まれつきなく生え変わりがない場合もあります。かかりつけでレントゲンを撮影してもらっても良いかもしれません。)

 【上の乳歯】
  真ん前の歯(Aと呼んだり、乳中切歯と呼びます):6~8歳
  真ん前の歯から2番目の歯(Bと呼んだり、乳側切歯と呼びます):7~9歳
  真ん前の歯から3番目の歯(Cと呼んだり、乳犬歯と呼びます):9~12歳
  真ん前の歯から4番目の歯(Dと呼んだり、第一乳臼歯と呼びます):9~11歳
  真ん前の歯から5番目の歯(Eと呼んだり、第二乳臼歯と呼びます):9~12歳

 【下の乳歯】
  真ん前の歯(Aと呼んだり、乳中切歯と呼びます):5~7歳
  真ん前の歯から2番目の歯(Bと呼んだり、乳側切歯と呼びます):7~8歳
  真ん前の歯から3番目の歯(Cと呼んだり、乳犬歯と呼びます):8~11歳
  真ん前の歯から4番目の歯(Dと呼んだり、第一乳臼歯と呼びます):10~12歳
  真ん前の歯から5番目の歯(Eと呼んだり、第二乳臼歯と呼びます):11~13歳

 このように数年のばらつきがあります。
 個人差があるのです。
 乳歯が頑張って残っている、と考えてもいいかもしれません。

 さらに、前歯から順番に抜けないこともあります。
 先に奥の乳臼歯が抜けて、あとから1本前の乳歯が抜けることもあります。
 通常はご心配ありません。

 ただし、この年齢は通常の生え変わりの年齢です。
 むし歯で歯がボロボロになってしまい、奥に控えている永久歯に悪影響を及ぼす可能性があると判断した場合は、歯科医師から抜歯を勧められることもあります。
 永久歯は、乳歯のすぐ奥にあるので、乳歯の抜歯をずっとためらっていると永久歯が悪くなってしまうこともあります。
 こちらについても、レントゲンである程度は分かりますので、撮影してもらいましょう。

※抜けてはいけない歯、本来は抜歯してはいけない歯
  お分かりですね?
  そうです。永久歯です。
  “永久”なのですから、ご自身の寿命より歯を長くもたせたいですね。
  永久歯になったら、特にむし歯対策・歯周病対策をしましょう。

2018年3月14日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分