守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

最近の投稿
カテゴリー一覧
月別アーカイブ

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病と糖尿病 ②

 滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長 歯科医師の太田貴司です。

 予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。

 

 今回は、糖尿病のお話の続きをします。

 

 【糖尿病の診断は?】

 検査で

 ・空腹時の血糖 126mg/dl以上

 ・食事後の血糖 200mg/dl以上

 ・HbA1c 6.5%以上

 と分かったときです。

 ちなみに、私太田貴司の血糖の値を公表しますと

 2021.12/1

  空腹時の血糖 95mg/dl、HbA1c 5.6%

 2023.1/25

  空腹時の血糖 69mg/dl、HbA1c 5.8%

 2024.1/17

  空腹時の血糖 90mg/dl、HbA1c 5.7%

 でした。

 

 (私太田貴司は、年に1回健康診断を受けています。)

 

 ※健康診断はぜひ受けましょう。

  むし歯・歯周病と同じで、糖尿病を始めそれ以外の病気は、初期は全く痛くなかったり、 無症状です。

   ある程度進行して、初めて「 あれ? なんかおかしいな」と思い始め、 いよいよ気になり病院や歯科医院に行った時は、相当に進行していたりすることもあります。

 それぞれの臓器が手遅れになっている場合もあります。

  歯科で 言うと、神経を取らないといけなかったり、 抜歯になるケースです。

 【糖尿病の怖いところは?】

 日常の生活を送ることができなくなることです。

 最初は、喉が渇く・ 尿の回数が増える・体重が急に減る・ 疲れやすくなる、といった症状です。

 

 しかし 進行すると、失明や透析、認知症の他に、壊疽につながります。

 壊疽とは、足に血液が行き渡らなくなり、さらに免疫が低下して感染をし、足の組織が腐ってしまうことです。

 進行すると、脚の切断につながります。

 

 「糖尿病」と聞くと、「糖分が増える病気」 というイメージでしょうか?

 しかし知れば知るほど怖い病気なのです。

 

 【糖尿病の分類】

 大きく分けると、1型糖尿病と2型糖尿病があります。

 ・1型糖尿病

    すい臓からインスリンがほとんど出なくなり(インスリン分泌低下)、 血糖が高くなる状態です。

   若い人に多いです。

    痩せている人に多いです。

   治療は、 インスリンを注射することです。

 ・ 2型糖尿病

    すい臓からインスリンが出にくくなったり( インスリン分泌低下)、 インスリンが効きにくくなったり( インスリン抵抗性)で、 血糖が高くなる状態です。

   中年以降に多いです。

    肥満の人に多いです。

    治療は、食事の改善・運動する・飲み薬・ インスリンの注射です。

 

 

(参考)厚生労働省 eーヘルスネット 「糖尿病」

     https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-002.html

 

(参考)国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター

     https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/010/010/01.html

 

 おおた歯科こども歯科 院長 太田貴司

 (自己紹介)https://ohta-dent.com/staff.html#intyo

 

 おおた歯科こども歯科には、日本糖尿病協会の登録歯科医師が在籍しております。

  https://www.nittokyo.or.jp/db/facility_result.php?fs_name=&fs_pref_cd=25&fs_address=&fs_facility_type=3&page=1

2024年5月22日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分