守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
コンポジットレジン修復が、むし歯の治療の第一選択です。

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

コンポジットレジン治療とは、歯科用の樹脂を光で固める治療です。
むし歯が初期から中期で、広い範囲ではないものです。

前歯の治療にも用います。

【コンポジットレジンによる治療の流れ】
⓪表面麻酔をして、麻酔をします(むし歯が小さい場合や、麻酔をできるだけしたくない方は、しないこともあります)
①むし歯の部分を削ります
②削ったところを、風をかけて乾かします
③コンポジットレジンをつめるため、接着剤を塗ります
④風をかけて、余分な接着剤を吹き飛ばします。

この接着剤は苦いことがあります。

⑤光を当て、固定します
⑥詰めるコンポジットレジンの色を決めます
⑦削った部分にコンポジットレジンを詰めます
⑧形を整えます。

⑨光を当て、コンポジットレジンを固めます。
⑩かみ合わせを調節したり、形を整えます。
完了です。

コンポジットレジンは、詰める時は粘土の様な軟らかさです。

そこに光を当てると固まります。

コンポジットレジンの利点
①削る量が少ない
②見た目がきれい
③通院の回数が1回で終わる

コンポジットレジンの欠点、限界
①変色する
②水分で縮む
縮むと、隙間ができるのでそこから再度のむし歯の原因になります
③すり減る
④欠けることがある。

欠けやすい奥歯や、大きなむし歯には向いていない治療です。

代わりに、インレー修復を用います。

インレーには、金属(銀歯、金歯)、ハイブリッド、セラミック、ジルコニアがあります。

 

コンポジットレジンは毎年進化し、より使いやすくなっています。

が、万能ではありません。

注目すべきは、欠点・限界の②です。
数年で少しずつ縮みます。

良いのか悪いのかですが、目に見えない極々小さく縮むため、ご本人どころか歯科医師も分かりません。

いきなり半分に縮んだら分かるので、「歯医者に行かなきゃ」になるのですが、そういうわけではないのです。

 

問題は、その極々小さな隙間から再度のむし歯になってしまったり、変色してしまうことです。

大きくコンポジットレジンを詰めると、大きく縮みます。

なので、小さく詰めた方が良いのです。

つまり、小さなむし歯に治療をした方が長持ちします。

痛くなってからだと神経の治療や抜歯になるので、コンポジットレジンどころではないのですが、それはそれでもっと大きな問題につながります。

「縮まないから」といって、前歯に銀歯を入れることはありませんが、どんな歯科材料、歯科治療にも決定はあります。

 

できるだけむし歯にしないように予防をしていきましょう。

そして、むし歯になったら早期に治療をしましょう。

2018年11月24日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分