守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
唾液、様様です。

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

唾液、つまり“つば”のことです。

美味しそうなものや、梅干しやレモンといった酸っぱいものを見ると、思わず出てきてしまいますよね。

唾液は、ただの“つば”ではなく、実は凄い力を持っています。

どれくらいすごいかというと、我々は唾液がなければ生きていくことができません。

そんな唾液についてご紹介します!

 

【役割】

①食事:食べ物と混ぜ合わさって、飲み込みやすくする

②消化酵素を分泌する:唾液アミラーゼを分泌する(唾液アミラーゼは、はデンプンを分解します)

③会話:お口の中を濡らして、話しやすくする

④洗浄:お口の中を洗ってくれる

⑤食べ物を消化する

⑥抗菌;抗菌物質が出ます。これにより細菌やウイルスから防御します

⑦緩衝:口の中が酸性になったとき、中性に戻します

⑧再石灰化:脱灰されてしまったエナメル質を元に戻す(→初期のむし歯なら治してくれるのです!)

 

どうでしょうか?食べ物を運んだり、消化を助けたりするイメージはあったと思います。が、洗浄したり抗菌効果があったり、はたまた初期虫歯の退治まで請け負ってくれていたなんて!と驚きませんでしたか?

唾液の活躍は、本当にオールマイティなのです。

 

【唾液が出る場所】

唾液はいつの間にか、どこからともなく出てきます。

唾液を作る工場は、お口の中に無数あります。

大唾液腺(だいだえきせん)と小唾液腺(しょうだえきせん)という工場に分かれています。

 

大唾液腺は、耳下腺(じかせんと呼びます)、顎下腺(がっかせんと呼びます)、舌下腺(ぜっかせん)があります。この3つを三大唾液腺と呼びます。

耳下腺は耳の前にあります。

顎下腺は左右のあごの下にあります。

舌下腺は、舌の下にあります小唾液腺は、粘膜の色々な場所にあります。

これにより、口腔内のすみずみまで唾液を行き渡らせることができるのです。

 

唾液の役割の重要なものに、「消毒」があります。

「怪我したら舐めれば治るよ」と言われたことがあるかもしれませんが、おばあちゃんの知恵袋のような話も、一応理にかなっているのです。

傷が化膿しないように、唾液に抗菌物質が含まれていたのですね。

 

【唾液の知識あれこれ】

  1. 唾液が少ない場所には、歯石が溜まりやすい (歯磨きができていないことだけが、歯石が溜まる原因ではありません。でも歯磨きは重要ですよ。)

②高齢になると、唾液の量が減る (年齢を重ねるとお口の中が乾くのは、そう感じるだけではなく、本当なのです。)

③睡眠中は、唾液が減る (朝起きたら、喉がカラカラですよね)

④唾液を出す方法がある (お口を動かすこと、笑う、リラックスする、よく咬んで食べる、話す、唾液腺マッサージをする)

⑤唾液は1日に1000~1500ml分泌される (1ℓのペットボトル以上です。)

⑥唾液の量が多い方が、入れ歯が外れにくい。

 

普段意識することのない唾液。こんなに私たちの生活を支えてくれていたのですね。

唾液をうまく利用し、より健康を保ってください!

 

2018年11月17日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分