守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

最近の投稿
カテゴリー一覧
月別アーカイブ

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
ただのいびきではないかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群という名前を聞いたことがありますか?

睡眠時無呼吸症候群(SAS: sleep apnea syndrome)とは、睡眠中に無呼吸(10秒以上)を繰り返してしまう症状の総称です。
結果、昼間に眠くなってしまいます。
重度になると、日中の眠気が強く、日常生活も眠くて困難になります。

①いびきが大きい
②昼間、とても眠たい
③睡眠中、多動がある(よく動く)
④夜間、お手洗いに何度も行く
⑤起床時、頭が痛い
⑥性格が変わってしまう
⑦眠れない
⑧夜間、息切れがある・喉がつまる
⑨夜間の咳が多い
⑩寝汗が多い
⑪逆流性食道炎の症状
⑫性機能が低下する

無呼吸になってしまうということは、酸素がリズムよく規則的に送られていない、ということです。
何年も続くと、別の病気になることがあります。
・生活習慣病(高血圧症やメタボリックシンドローム)
・不整脈
・狭心症・心筋梗塞
それぞれ、生活に支障をきたしたり、命にかかわる病気です。

【睡眠時無呼吸症候群の原因】
多岐にわたります。
・鼻の病気
・骨格の異常
・睡眠障害
・脳波の異常

【睡眠時無呼吸症候群の治療】
耳鼻科領域では、CPAP(シーパップ)があります。
が、歯科領域からも治療が可能です。
睡眠時無呼吸症候群専用のマウスピースを作製します。
CPAPも、歯科のマウスピースも考え方は同じです。
気道確保の要領で、酸素の通り道を作ります。

マウスピースの作製には、通常、医科の病院へ紹介いたします。
1時間に睡眠時無呼吸が何回あるのかを調べて頂きます。
問題なければ専用のマウスピースを作製する、という流れです。
医科の診断がなくても、作製は可能は可能です。
ただ、脳波に異常があるといけませんので、先に医科の診察がよろしいでしょう。

そのマウスピースですが、様々なタイプがあります。
通常は上下に装着します。
その上下のマウスピースがくっついているもの、一部くっついているもの、全く分離しているもの、です。
それぞれメリットデメリットがあります。
完全にくっついているものは安価で保険適応です。
しかし、位置の調整ができないのと、違和感が強いです。

上下で離れているものの方が、違和感が少なく、微調整が可能です。
ただ、耳鼻科の診断の有無に関係なく、保険外診療です。

その他にも、おしゃぶりのような舌だけを引っ張る装置があります。
マウスピースとは全く形や機能が異なります。
考えは同じで、舌を持ち上げて、喉に落ち込まないようにします。

2017年11月29日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分