守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯科用の樹脂、プラスチック

レジンと呼びます。
歯科医院では、一番頻繁に使われる材料かもしれません。
皆さまに表現する際は、「樹脂」とか「プラスチック」とお伝えしています。

用途が多く、色々な場面で使われますのでご紹介いたします。
①むし歯の治療に使うレジン
  “コンポジットレジン”と呼ばれます。
  むし歯の部分を削って、そこを埋める際に使用します。
  接着剤を歯に塗り、光を当て固定します。
  その後、コンポジットレジンを詰め、もう一度光を当てると固まっています。
  色は「A1」「A2」「A3」「A3.5」「A4」
    「クリア色」
    オペークの「A1」「A2」「A3」「A3.5」「A4」など多種多様です。
  ご自身の歯の色に合わせて詰めます。
  硬さも、チューブから出るような軟らかいものや、パテのような硬いものがあります。

②入れ歯に使うレジン
  入れ歯の赤い部分にもレジンが使われます。
  このレジンは、コンポジットレジンが光で固まるのに対し、熱で固まります。
  入れ歯の人工の歯にも使われます。

③仮歯に使うレジン
  液と粉を混ぜるタイプのレジンです。
  仮歯自体を作ったり、仮歯の形を整える時に使います。
  種類は通常1種類です。

④前歯の被せ物に使うレジン
  前歯に入れる、いわゆる差し歯の白い部分です。
  金属の被せ物にレジンを貼り付けます。

レジンは応用が効くため、毎日使いますし、今後もどんどん進化していくでしょう。

2017年5月24日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分