守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
マウスピースを入れた方が良い人

滋賀県守山市古高町にある歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

予防・痛くなる前の治療・歯周病の治療に力を入れています。

 

今回はマウスピースのお話をします。
ボクサーがつけるようなものです。
別名、ナイトガード、スプリントとも言われます。
歯科の領域でもマウスピースを使いまして、とても有効です。
マウスピースを入れたほうが良い方は、
①歯ぎしり・食いしばりをする方
 歯が磨り減ってしまったり、歯が欠けてしまう恐れがある
 詰め物・被せ物が割れてしまったり、外れてしまう恐れがある
 嚙み合わせが強い方で、セラミックを入れている方は、セラミックが欠けてしまう恐れがあります。
 セラミックのデメリットとして、金属とは違い欠けてしまったり、割れてしまう可能性があります。
 歯だけではなく、人工物を守る意味合いもあります。
 残念ながら、マウスピースを入れたからといって、歯ぎしり・食いしばりが無くなるわけではありません。
 あくまでも歯を保護するためのプロテクターです。
②顎関節症がある
 顎の負担の軽減のためや、顎を使う筋肉をほぐすためです。
 顎関節症の急性症状時は、お口を全く開けることができません。
 その時は、マウスピースを作るための型を採ることもできず、応急処置になります。
 炎症が治まり、お口が開けられるようになってからマウスピースを作るための型を採ります。
そして、マウスピースには2つのタイプがあります。
①硬いもの
②軟かいもの
よほどのことがない限り、①硬いもの で作らせて頂いております。
②軟かいもの の方がウケが良いです。違和感も少ないようです。
しかし、軟かいものは軟かいので、さらに無意識にさらに噛みこんでしまうのです。
さらなる歯ぎしり・食いしばり、顎関節症が悪化する可能性が十分にあります。
せっかく良かれと思って作らせて頂いても、更に悪化していまうのです。
ですので、よほどのことがない限り、①硬いもの で作らせて頂いております。
 
そして、通常は噛み合わせの受け皿である上にマウスピースを入れます。
上にも下にも入れる必要はありません。
入れた後は、違和感が出ることがあります
数日から数週間後に、経過観察と咬み合わせのチェックをします。
それまでにかえって痛くなったり、急に顎が開かなくなることがありましたら無理に入れていただく必要はありません。
マウスピースを入れている期間は
①ある一定期間だけ
②何もなければずっと
と分かれます。
症状や歯科医師の考えによって違います。

2020年6月17日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分