守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
仮歯(かりば)について

滋賀県守山市古高町にある歯医者、

歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

仮歯(かりば)についてお話しをします。

専門用語では、テンポラリークラウン(TEC、テック)と呼びます。

以前はTEKと表記されていましたが、時代の流れで変更になりました。

 

仮歯は主に前歯の治療中に入れます。目的の一番は「見た目の回復」のためです。

➀前歯の治療中は、見た目が悪いのでその回復のため

②治療中の嚙み合わせの確保のため

1本でしたらまだ良いかもしれませんが、一度に多くの歯を治療するとき、咬む場所が少なくなってしまいます。

その間は咬みにくくなるため、それを防ぐためです。

③歯の治療に入ったものの、歯周病の状態が思わしくなく、すぐに被せ物を入れることができない場合。

被せ物を入れたいのに、歯ぐきが腫れている・出血しているなどで歯肉に炎症があるときは、同時進行で治療をします。

歯周病の治療が長期に渡る場合、治療中の歯の位置が変わってしまうことがあります。

歯の移動をふせぐために入れる場合があります。

④痛みを防ぐため

治療中の歯を野ざらしにすると、痛みが出そうな場合はカバーの意味も含めて仮歯を入れます。

 

一方、仮歯にもデメリットがあります。

➀外れやすい

「外すことが前提」で入れますので、硬いものが当たると外れてしまうことがあります。

②壊れやすい

仮歯の素材上、硬いものが当たると割れてしまうことがあります。

③見た目がやや黄色い

一般的に、仮歯の色はやや黄色がかった一色で作ります。

他の歯と比べると、色が濃くなります。

④雑菌がつきやすい

長期間入れていると、雑菌がたまりやすいです。

かえってむし歯を作ってしまったり、歯ぐきが腫れて歯周病になる可能性があります。

 

先生によって考え方は違いますが、私太田貴司は、仮歯を入れる期間がなるべく短くなるよう工夫しています。

デメリットも多いため、かえってご迷惑をおかけすることがあるからです。

 

そして予防歯科にも通ずるのですが、仮歯を入れる歯というのは「神経を取った歯」です。

つまり、神経を取る前にむし歯の治療をすれば、仮歯は入れずに済みます。

神経を取る前のむし歯治療でしたら、1~2回で終わります。

神経を取った後は、仮歯の作製を入れて5~6回かかり、1回あたりのお口を開けている時間も長くなります。

「痛くなる前」のむし歯の治療は通院がしにくいかもしれません。

ですが、色々な意味で「神経を取る前」の治療はメリットがあります。

 

2020年4月8日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分