守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
子どものすきっ歯は、良いこと??

「息子のすきっ歯が気になります。このままで良いのでしょうか?」

「友達は歯並びが隙間なくきれいなのに、私だけすきっ歯。気になるよ~」

「このまま大人になったら、ずっとすきっ歯なのですか?」

 

すきっ歯についてお話をします。

今回のお話は、「乳歯限定」です。

それが前提です。

 

通常は、「大丈夫である」ことが多いです。

というのは、後から生えてくる永久歯の方が大きいので、今の乳歯の時点で隙間なくギチギチに生えていると、将来歯並びが悪くなってしまうからです。

今あるすきっ歯は、大人の歯が生えるための隙間なのです。

 

こういうお話も聞きます。

「乳歯の時はきれいな歯並びだったのに、大人になったらガタガタになってしまった。」

 

それは、隙間がなかったので、永久歯がうまく生えてこれなかったためです。

 

乳歯は、2歳半ごろで全て生えるのですが、そこから顎が成長して、隙間が出てくることもあります。

そこはビックリされずに、大人の歯が生えてくるのを待ちましょう。

隙間はあった方が良いのです。

 

生まれ“つき”顎が大きい/小さいとは別に、生まれて“から”隙間を小さくしてしまうものがあります。

それは、乳歯のむし歯です。

 

乳歯のむし歯の大半は、「歯と歯の間のむし歯」です。

歯と歯の間にむし歯ができて穴が開くとします。

それを放置すると。。。

歯は常に動くため、隙間を埋めようとしてどんどん歯が寄ってきてしまうのです。

 

すると、顎の中に控えている大人の歯が出てこれなくなってしまうのです。

大人の歯のために、ぜひ乳歯のむし歯の治療を受けましょう。

 

乳歯はむし歯になりやすく、広がるのも早いです。

数ヶ月前にはなんともなくても、いきなり大きな穴が開いていることも少なくありません。

(そのため、小児の定期健診は短い方が良いです)

 

たとえ穴が開いたとしても、すぐに治療すれば何ともありません。

1か月や2ヶ月で、一気に歯が移動し、一気に隙間が埋まるわけではないからです。

 

「仕事が忙しいから」「子どもが痛がっていないから」「めんどくさいから」で治療を受けないと、

後からもっと大掛かりな事になってしまいがちです。

 

矯正です。

 

矯正は、装置の問題(見た目、発音、長期間入れてないといけない)や、時間の問題(毎月通院しないといけない)、お金の問題(保険外治療)が付きまといます。

 

矯正をすることによって、歯並びがきれいになり、自信を取り戻す子もたくさんいらっしゃいます。

しかし、矯正になる前に予防ができれば、もっと良いですよね。

 

2018年8月8日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分