守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
どんな高度な治療より大切なこと

「滅菌」です。めっきん、と呼びます。

この「滅菌」。
大きくクローズアップされるきっかけがありました。

2014.5/18、読売新聞に大きく報道されたのです。
「歯を削る機器、7割が使いまわし」
「滅菌せず 院内感染懸念」
の見出しです。

新聞ですので、難しい文章が続きますが、簡単に言うと
「歯科医院の約70%は、削る道具を汚いまま、使いまわしをしている」
「使いまわしをすると、他人のばい菌が移る可能性がある」
です。

こわいですよね。
治療しに通院するのに、かえって病気になってしまう可能性があるのです。
何のための歯科治療??となりかねません。

そもそも、滅菌とはなんでしょうか?
滅菌=すべての微生物を除去する

対して、よく聞く「消毒」とは?
消毒=菌を減らす
です。
減らすだけです。
菌は残っています。

「削る道具を滅菌していない」ということは?
削る道具に、前の患者さんの唾液や血液が残っている、ということです。
前の知らない患者さんの唾液や血液が自分のお口に入る。
想像もしたくありません。

消毒は残念ながら、見せかけです。
唾液や血液は、アルコールで拭けば(アルコール消毒)、一見見えません。
しかし、アルコールで菌が消えることはありません。
「消毒」だからです。
前の患者さんの唾液・血液を隠しているだけです。

一番の問題は、院内感染をするかもしれないということを気にもしない歯科医院の意識です。
「面倒くさい」「いそがしい」だけでなく、勉強不足・知識不足・認識不足もあります。

【滅菌の壁】
①コスト 滅菌には大きなコストがかかります
②手間  主にスタッフに負担がかかります

以上の2点をクリアしなければなりません。
最良の治療をしても、滅菌がなければ台無しです。

最新の器材を入れる、CTを入れる、最新の治療をする、歯を削らない、神経を取らない、歯をできるだけ抜かずに残す、丁寧に治療をする、説明をしっかりする、優しい対応をする、ホテルのようなマナー、健診に来てもらう、予防に来てもらう、セラミックを入れる、矯正をして歯並びを整える、ホワイトニングをして歯を白くする、高価な入れ歯を入れる、インプラントで咬みやすくする‥‥。

よりも大切なこと、滅菌です。
院内感染をしたら、全てが台無しです。

最低限の滅菌の歯科医院
滅菌を一応している歯科医院
滅菌にこだわっている歯科医院

滅菌は裏方の仕事なので、残念ながら一般の方には目に見えない分野です。
どこまでのこだわりがあるのかは、なかなかつかめないのが現状です。

2017年11月1日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分