守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
歯周病 治療の通院期間 通院回数

滋賀県守山市古高町にある歯医者、 歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   「歯周病の治療期間はどれくらい?何回くらいの通院なの?」についてお話しをします。 答えは、「現在の歯周病の状態によって、人それぞれ」です。   歯周病は、基本的に完治がありません。 継続して行っていくものです。   歯周病が軽度(GやP1)であれば、1~2回で次は数か月後のメインテナンスになるでしょう。 歯周病が中程度以上(P2とP3)ですと、数回かかりますし、次のメインテナンスも早い方で1ヶ月後になるでしょう。 歯が28本あり、27本が健康であっても、1本だけが重度の歯周病というパターンもあり、そのような方も早いメインテナンスになるでしょう。   歯周病とは、生活習慣病の1つとも言われます。 高血圧、糖尿病の範ちゅうに入ります。 高血圧、糖尿病も完治がないかと思います。継続的に内服をしたり、食事療法・運動療法があるでしょう。 歯周病も同じなのです。   毎日歯磨きをして、定期的に歯科医院でスケーリング・SRPを受けて頂いても、歯ぐきの下に歯周病の細菌が入り込みます。 1回完璧にスケーリング・SRPを受ければその後は歯科医院に行かなくても済む、というわけではないのです。   通院回数・通院の間隔・通院期間・治療期間は …続きを読む

2019年11月6日

歯周病は治る?

滋賀県守山市古高町にある歯医者、 歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   今回は、「歯周病は治るの?」です。 答えは、「治るものと、治らない/治りにくいもの に分かれます」です。   歯周病は、大きく分けて2つに分類されます。 歯肉炎(G)と歯周炎(P)です。 Pには、P1・P2・P3と数字の分類があり、数字が大きいほど重度です。   歯肉炎とは、歯肉だけの病気です。 「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきが赤い」「歯ぐきから出血する」が症状です。 対して、歯周炎とは、上記に加え歯を支える骨の病気です。 「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきが赤い」「歯ぐきから出血する」に加えて、 骨の病気である「歯が動く」「歯が動揺する」「歯がグラグラする」などです。最終は、歯が抜けてしまいます。   歯周病は治るの?に戻ります。 歯肉炎(G)は治ります。 歯周炎(P)は治りません/治りにくいです。   つまり、 歯ぐきだけ(G)なら治ります。 歯周炎(P)で溶けてしまった骨は戻りません(お口の中が素晴らしい環境になった、再生治療なら別です) 歯周炎でも、歯ぐきの腫れや出血は治まりやすいです。しかし、骨は戻らない/戻りにくいので、結果「歯周炎は治らない/治りにくい」となります。   では、どうすれば良いのか? ①歯周炎にしない …続きを読む

2019年10月23日

歯周病と牛乳 歯周病と食べ物

滋賀県守山市古高町にある歯医者、 歯周病治療に力を入れている、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   今回は、「歯周病の予防・改善に、牛乳は有効か?」 です。 牛乳を飲むと骨が強くなり、骨粗しょう症の予防になります。 それは、歯を支える骨(歯槽骨)にも有効なのか?から来ているのでしょう。   答えは、「有効とある情報もあるし、逆に歯周病を進行させる情報もあります。今のところ、どちらが正解か分かりません」です。 そうなのです。情報によって真逆のことを言っているのです。   そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、すいません。 似たり寄ったりなら分かるのですが、真逆なのです。   歯周病ではなく、むし歯の予防に牛乳は有効か? これには答えがでています。 答えは、「有効どころか、逆に牛乳はむし歯の原因になる」です。 これは今のところ正しいようです。 牛乳には砂糖は含まれていません。 ただ、乳糖が含まれています。   糖が入っているので、むし歯の原因になります。 砂糖の入っていないヨーグルトにも乳糖は入っています。 (ちなみに、むし歯のリスクとしては、砂糖→果糖→乳糖です。)   牛乳と歯周病の関連については、いつか答えが出ることを願っています。   牛乳とは離れますが、歯周病と食物についてお伝えをします。 …続きを読む

2019年10月9日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分