おおた歯科こども歯科 守山市の歯科医院(歯医者)
痛みに配慮した治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

滅菌対策

24時間予約受付
電話番号

採用情報
NEW!

RSS Feed Widget
歯の豆知識
RSS Feed Widget

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

【むし歯】神経を取る前に!


神経を失うと、歯の寿命が短くなってしまいます

「神経を取ってもらったのに、痛い」
「神経がないのに、なんで痛いんですか?」

よく言われます。
が、こんな現実があります。

神経を失う4つのデメリット

@菌が入りやすくなります。
 ・菌が入ると、痛くなったり腫れたりします。
  すると、それまでの詰め物を全て外し再治療です。
 ・再治療の繰り返しは、歯が小さく脆くなります。

A歯が折れやすくなります。
 ・折れる場所によっては抜歯になります。

B次、むし歯になっても気がつきません。
 ・気がついたときには、被せの下でボロボロになっていることもあります。
  治療が不可能なら抜歯になってしまいます。

C歯周病になりうる
 ・血流が無くなるからです。

神経を取らずに治療できるむし歯、神経を取らざるを得ないむし歯。
削る量、治療方法、通院回数、費用、歯の寿命。
全てが違います。

むし歯の治療において。

白い樹脂を詰めるのか、銀歯を入れるのか、セラミックを入れるのか、金歯やジルコニアを入れるのか。毎日の歯ブラシ・砂糖の制限が前提ですが、材料を何にするかで、歯の寿命が変わります。

しかし、材料は2番目です。

1番に優先すべきことは「神経を取る前」にむし歯の治療をすることです。
神経の治療をしないこと。
神経を保存することです。

今までは、虫歯を削っていって神経が出たら、即「神経を取ります」でした。
神経が出ても、神経を取らずに守る治療があるのを、ご存知ですか?
できるだけ歯を削らない治療があることを、ご存知ですか?

おおた歯科こども歯科は、従来の「大きく削って詰める」「神経を取って被せる」に比べ、歯を残す治療をしています。(主に永久歯)

ネットからの予約はこちらから

 

ミニマム・インターベーション(=最小限の介入)治療

M・I(ミニマム・インターベーション=最小限の介入)治療 むし歯の最先端の治療方法
できるだけ削らなくてもよい処置を施して可能な限り歯を残す治療法

最先端で痛みのないむし歯の治療や予防を行います。
神経を抜いた歯はもろくなりやすいです。歯に栄養が送られないからです。
おおた歯科こども歯科は、できる限り神経を残す治療をご提案します。