おおた歯科こども歯科 守山市の歯科医院(歯医者)
痛みに配慮した治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

滅菌対策

24時間予約受付
電話番号

採用情報
NEW!

RSS Feed Widget
歯の豆知識
RSS Feed Widget

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

 

当院では、小児歯科だけではなく、妊産婦の方にも気楽に通って頂けるよう配慮をしております。

妊娠前後から出産1年の妊産婦を対象としております。
治療内容に特別な違いはありませんが、治療する時期や使用するお薬にできるだけ負担の少ない方法を選択し、出産や出産後の生活に集中して頂けるように心がけています。

●レントゲン:
感受性が高い妊娠初期(15週まで)はできるだけ避けます。
撮影時は、より安全なデジタルレントゲン撮影で、さらに鉛エプロンを着て頂くため、影響はほぼありません。
医学上必要であれば、撮影させて頂いた方が良いかもしれません。

●お薬:
お身体に負担の少ないもの/負担のないものを最小限使用します。

●局所麻酔:
お身体に負担の少ないものを最小限使用します。安定期であれば、さらに安全です。
妊娠初期(〜15週)や後期(28週〜)はできるだけ応急処置に留めます。
痛みを我慢するストレスは母子ともに悪影響であるため、安全を考慮するときちんと治療を 行った方が良いこともあります。
出産後は、授乳などの生活リズムの乱れから、さらに歯科の通院が遠のく可能性があります。それを考えると、なおさらです。

生まれてくる赤ちゃんのためにできること
@むし歯の治療をする
お子様にむし歯菌がうつるのを防ぎます。
A歯ぐきの治療をする
歯ぐきから血が出る、ということは炎症があるということです。
早産、低体重児出産を防ぎましょう。

マタニティ歯科のQ&A
Q 妊娠中に歯科治療をしても大丈夫ですか?
A

可能です。
安定期(16〜27週)が望ましいです。この時期の治療が一番安全です。
ご心配であれば、産婦人科の担当医にも一度ご相談をお勧めします。

 

Q いつ重点的に歯を磨くと良いですか?
A

寝る前と、起きた直後です。
寝ている間に一番細菌が増えます。増やさないようにするためと、増えた菌を減らす意味で起床の前後が良いです。

 

Q 妊娠したら、お腹のあかちゃんにカルシウムが取られて、歯が弱くなるって本当ですか?
A

そんなことはありません。つわりなどでお口のお手入れが不足しやすいからです。

早産や低体重児出産のリスク

重篤な歯周病に罹患している妊婦は、早産・低体重児出産のリスクが7倍高くなるという報告があります。 飲酒は3倍です。

出産後は、お母様とお子様の二人分の人生を歩むことになるため、ご自身のお口の中までなかなか意識が届きにくいです。

一か月健診と同じ時期に一か月歯科健診をお勧めします。

これから生まれてくるお子様のために、生まれてきたお子様のために、
お母様がしっかり栄養を摂って頂けるようにお手伝いをさせて頂きます。

お母様あってのお子様です。 お母様、お子様のお身体を大切にしていきましょう。

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/万全の滅菌対策の清潔な歯科医院(歯医者)です。


ネットからの予約はこちらから