守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
大阪での勉強会

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

先日、大阪で勉強会に参加してきました。

毎月火曜日の20:30から22:30まで、歯科の基礎から応用まで教えて頂ける勉強会です。

20:30には会場に着いていないといけないので、診療が終わったら大急ぎで着替えて、JRに乗り込みます。

この勉強会は月1回のコースで、全24回。来年2020年の12月まで続きます。

先日は、第2回目で「カリオロジー」について学んできました。

カリオロジーとは、カリエス(う蝕、むし歯のことです)の原因、対策についてです。

我々歯科医師は、むし歯を見つけると、すぐに次のことを考えます。

・どのような削り方をしようか?

・何で詰め物をしようか?

・麻酔をする?しない?

・銀歯?コンポジットレジン?セラミック?

などです。

それは、私にも当てはまります。

その点に、勉強会の講師は投げかけます。

「そこになぜむし歯ができたか、考える歯科医師はいない。だから考えないといけない。考えないと、いくらセラミックを詰めても、また虫歯になる。」と。

はっとさせられました。

確かに治療する歯科医師は、その点が抜けています。

恥ずかしながら、「どう治療するか?」だけを考えてしまいます。

原因を探らないと、何度も繰り返しむし歯にするだけであると。

 

予防に関しては、「むし歯の原因は、歯磨き不足である。こんなことを言っているのは、日本人だけ。歯磨き不足は、間違ってはいないが、正しくもない」と。

真のむし歯の原因は、「食生活にある」と。

確かに日常で遭遇します。歯磨きが完璧にもかかわらず、虫歯がなくならない人。

その方は、甘い物を頻繫に食べ過ぎているのです。

甘い物を頻繫に食べているということは、歯が溶けている時間が長いということ。

そこに、どれだけ素晴らしいテクニックの歯磨きをしていても、追っつかないのです。

日本人の多くの方に当てはまるのでしょうか?

 

日々の食生活を見直されて、むし歯の予防につなげていきましょう。

 

この勉強会は、1回2時間で毎回テーマが変わります。

次回は、歯周病です。

歯周病は、歯を失う原因の第一位。

おおた歯科こども歯科でも、特に力を入れている分野です。

歯周病とむし歯。同じ口腔内の病気でも、全く異なります。

ということは、原因菌も異なります。対策も異なります。

患者様にお伝えするときは、どうしても「教育」という伝え方になってしまうかもしれません。

しかし、1本でも歯を残せるように取り組んでいきます。

2019年3月6日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分