守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
最新の歯周病治療

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。

 

2/3、大阪まで歯周病の勉強会に行ってきました。

当院の治療の柱、歯周内科治療の勉強会です。

青森県で歯科医院を開業されている、津島克正先生が主催の「歯周内科ベーシックセミナー」です。

 

歯周内科治療は簡単に言うと、

「歯周病の原因である、歯周病菌を抑えてから歯石の除去をする」治療法です。

 

従来の歯周病の治療は、

・歯ぐきに器具をブスブス入れて、歯周ポケットの検査をする

・レントゲンを撮る

・歯がグラグラしていないか検査をする

・歯ぐきから出血するかどうか検査をする

です。

 

歯周病の検査には、どれも必須です。

しかし、大きな大きな大きなものが抜けています。

それは、歯周病の原因である「菌の検査」をしていないのです。

 

従来の検査(ポケットの測定・レントゲン・グラグラしていないか・出血していないか)は、今の状態しか分からないのです。

医科では考えにくいことです。

原因も分からないまま、治療することはありませんよね?

しかし、歯科の従来の歯周病の治療はそれが通ってしまっているのです。

初期の歯周病であれば、従来の方法(原因菌が分からなくても、ブラッシングと歯石の除去)で治ります。

しかし、中等度・重度の歯周病は治りません。

原因も分からないまま歯石の除去をしても、一時のその場しのぎだけになってしまう可能性があります。

 

それに対して、歯周内科治療はまず検査ありきです。

・位相差顕微鏡による菌の観察

・リアルタイムPCR検査による菌の特定

から入ります。

そして、どの菌が検出されるかによって、治療法を変えます。

画一的な治療ではなく、オーダーメイドの治療なのです。

 

お口の中には、何百種類の細菌が住んでいます。

それは人類全員であり、私のお口の中にもいます。

ですが、歯周病の悪玉菌は、5種類です。

中でも、PG菌・T属(Treponema)・Tf菌は「悪玉3兄弟」と言われ、ぜひ除菌すべき菌です。

 

歯周内科治療であれば、当院で治療を受けられた方の全員が除菌に成功しています。

短期間で、劇的に改善します。

従来の歯周病の治療のように、何回も通院して、それなのに数か月~数年後には再発ということも抑えられます。(0ではありませんが)

 

本日の勉強会は、私と歯科衛生士2人の3人で行ってきました。

来月には、アドバンスセミナーといって応用編もあります。

その案内を聞いたとき、衛生士2人が即決で「行きたい」と頼もしい意見を聞いて、私はとても嬉しかったです。

どんどん解明されていく歯周病の治療。

さらに学んでいきます。

2019年2月6日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分