守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
ただの磨き残し?

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長、太田貴司です。

 

“プラークコントロールをしましょう”

テレビで聞いたことがあるかもしれません。

 

プラークをコントロール、つまりプラークを増やさないようにしましょう、ということです。

 

さて、プラークとは何でしょうか?

プラークをコントロールすると、何が良いのでしょうか?何が悪いのでしょうか?

 

プラークとは、歯に付く細菌の塊です。

俗に言う、ただの「食べかす」とは違います。

もっと厄介なものです。

 

プラークは、臭いの元で、黄色っぽく、ネバネバ・ヌルヌルしています。

三角コーナーのネバネバ、浴槽の下のネバネバ。

あれもプラークです。

ただの水洗いでは落とせませんよね?

 

三角コーナーや浴槽の下のネバネバと同様、歯のプラークも丁寧な歯磨きを継続しないと、あっという間に溜まってしまいます。

 

溜まってしまった部分から、むし歯や歯周病になってしまします。

口臭の原因にもなります。

 

プラーク0.001gの中には、1億以上の細菌が棲みついています。

小さなスプーン1杯の砂糖が約1g。

その1000分の1の量に、日本の人口と同じくらいの細菌が棲みついているイメージです。

 

実は、この細菌、外から来たものではありません。

もともとお口の中にいたものです。

由来は、粘膜や舌や、唾液です。

 

その細菌は、プラークがあると移り住んできてしまうのです。

移り住むだけなら良いのですが、磨き残しや砂糖と反応して、むし歯や歯周病、口臭になってしまうのです。

 

プラークが細菌の“塊”だと書きました。

“塊”なので、簡単には落ちないのです。

唾液だけ、うがいだけでは落ちません。

 

大切なのは、基本。

一番簡単でもあり、重要なのは毎日の歯ブラシです。

三角コーナーや浴槽のプラークはまだ磨きやすいかもしれません。

コーティングがしてあり、元々ツルツルしているからです。

 

しかし、その点歯はどうですか?

歯は、親知らずを除くと28本あります。

前歯と奥歯で形が違います。

溝があり、歯と歯の間があり、歯ぐきの下にも汚れは溜まります。

歯って、なんて磨きにくいのでしょう!

 

それでも丁寧に歯磨きをすること。

歯科医院で磨きにくい汚れをとってもらうこと、歯石を取ってもらうこと。

 

その地道で細かいことが、結局はご自身の歯を守ることにつながります。

 

ずっとご自身の歯でお食事をして頂くために大切なこと。

一発逆転の大技はありません。

毎日の丁寧な歯磨き、定期的な歯石の除去を継続していきましょう。

2018年12月15日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分