守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
「歯の神経を取る」ということ

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   むし歯が大きく進行して、冷たいもの・温かいものでしみる、痛いとき。 歯科医院に駆け込みます。 診断の結果、全てが全てではありませんが、「神経を取らざるを得ない」場合が多いです。   歯の神経は“歯髄(しずい)”と言われます。 骨髄や脊髄と同じ感覚です。 その髄を抜くため、抜髄(ばつずいと呼びます)と言います。   【抜髄の手順】 ①麻酔をします 抜髄をする時は、何かしら症状がある時です。 症状がある時は、麻酔が効きにくいです。 よって、通常の治療よりも多めに麻酔をします。 ②むし歯の部分を削ります いきなり神経をとるわけではありません。 まずはむし歯の部分を全部削らないと、むし歯菌が入り込んでしまうためです。 ③神経を取るために形を整えます ④神経が入っている管を広げます ファイルという道具を使います。 ⑤仮のフタをして、痛み止めの飲み薬をお出しします。 1日目はここまでです。   2日目 ⑥管のお掃除、消毒をします ⑦管に最終的なお薬を詰めます(根管充填;こんかんじゅうてんと呼びます)。   ⑥、⑦は症状や前歯・奥歯で回数が変わります。 2回目で終わらないことも多々あります。   ⑦の後、詰め物をしたり、被せる治療を行います。   抜髄から詰め …続きを読む

2018年10月31日

人ごとではない!? 金属アレルギー

金属アレルギー   滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   金属アレルギーは、花粉症と同じような発症の仕方をします。 それまでは何ともなかったのに、ある時突然発症してしまうものなのです。   原因となるものが、長期に身体(歯ぐき)に触れていることで、アレルギーが発生します。 いきなり発症することもありますが、何十年も眠っていて急に発症することもあるのです。 金属アレルギーになってしまった場合、 「一体何が悪かったの?」とその原因を知りたくなりますよね。   金属が悪かったの? 歯科医院が悪かったの? それとも、自分が悪かったの?   いいえ。悪いものはありません。 答えは、その金属がその方に「たまたま」合わなかっただけなのです。   「銀歯」と言われる詰めもの・被せものは、日本全国で使われています。 それは、保険診療で認められていて、安価で使いやすい材料だからです。   いわゆる「銀歯」は、100%銀ではありません。 当院で使用している「銀歯」は、金、パラジウム、銀、銅、亜鉛、インジウム、ガリウム、イリジウムから成り立っています。 「銀歯」に「金」が入っていることに驚かれるかもしれませんね。   ここで少し、学校で習った元素記号を取り入れて説明してみましょう。 金属アレルギー …続きを読む

2018年10月27日

電子タバコなら良いの?

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科、院長太田貴司です 。 何度かお伝えしている、タバコと喫煙の関係。 歯周病にかかる危険は、1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。 タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が歯周病の原因となります。   ニコチンは血管を縮める悪影響があるため、歯ぐきへの血管が細くなります。 栄養が行き渡りにくくため、歯周病が悪化します。   一酸化炭素は酸素が運ばれるのを妨げます。 同じく栄養が行き渡りにくくなります。 タバコを吸っていると、歯ぐきの腫れや出血が隠れてしまうのです。 炎症があるというのは、大切なサインなのに、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。 実際に治療を始めても歯ぐきの治りは悪いです。 再発もしやすいです。 それはインプラントでも同じです。 喫煙をすると、インプラントが緩んできてしまいます。 歯だけではなく、インプラントも抜ける原因になります。   全身で言えば、タバコには発がん物質が300種類入っていると言われています。 時間とお金と労力を使って、自らの手で歯周病やガンに向かわせているのもご自身の人生のためにはなりませんよね。   さて、最近よくある問合せに、「なら電子タバコなら歯周病にはなりませんか?」があります。 答えは、 …続きを読む

2018年10月24日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分