守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

初診の流れ
24時間予約受付
電話番号

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

チームメンバー募集
今健康な人を、将来病気にしないために

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   あなたは、今は健康でも、10年後・20年後の健康に自信はありますか? 遠い未来のようですが、つい先日デビューしたと思っていた芸能人が〇周年、なんていうのを聞くと、実にあっという間なことがわかります。   昔は、お口の中にいるむし歯菌・歯周病菌は、お口の中だけにとどまっているものとされていました。 医科と歯科が分かれていることで、なんとなく感覚的にそう思ってきてしまったのかもしれません。   実際、むし歯菌はむし歯の原因に、歯周病菌は歯周病の原因になります。 しかし、近年それらの菌は全身の血管を通じて、身体のあらゆる病気の原因になると分かってきました。 “歯原性菌血症”という考えです。   簡単にいうと 『お口の中にいる菌が、血液を介して全身に回る』 というものです。   驚くと同時に、「口の中の菌に一体どれくらいの力があるの?!」と疑問に思われますよね。   例えばですが、   狭心症、心筋梗塞 脳梗塞 骨粗鬆症 関節炎・腎炎 糖尿病 メタボリックシンドローム 肺炎 心内膜炎 早産・低体重児出産   など一見関係のないような怖い病気・症状に関係しています。 いくら必死に他の部位をケアしていても、歯を疎かにすることでこれらの大病にかかると …続きを読む

2018年9月29日

麻酔のあれこれ

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科、院長太田貴司です 。 歯科の治療で使う麻酔。 用途や安全性を重視するかで使い分けます。   ①キシロカイン含有の麻酔液 歯科治療の約99%に使われるでしょうか。 一般的で、スタンダードな麻酔液です。   2~3時間ほど痺れます。 痺れている間は、感覚がありません。 間違って唇をかまないようにしましょう。 特に、初めて麻酔をする小児の方。 知らず知らずのうちに唇や頬を咬んでしまうと、大きく腫れます。 大きな口内炎のようになります。 徐々に治りますが、それまではお辛いので、親様がフォローをお願いいたします。 咬まないよう気を付けて頂ければ、麻酔が残っていてもお食事は可能です。   麻酔した部分の歯ぐきが痛くなることがあります。徐々に治まります。   上の前歯に麻酔をすると、鼻が痺れることがあります。   心臓がドキドキすることがあるかもしれません。 それは、麻酔液に入っている“アドレナリン”の影響です。 1時間以内には治まります。ご安心ください。   ②メピバカイン 高血圧や糖尿病が重度の方に使います。 ①のキシロカイン含有は、血圧や血糖値の変動があります。 それが心配な方に使用しています。 さらに、痺れる時間が①キシロカインの約半分です。 「ずっと痺れているのが嫌です」という方に用 …続きを読む

2018年9月26日

痛み止めも変わりつつあります。

滋賀県守山市の歯医者、おおた歯科こども歯科の院長太田貴司です。   歯科医院での痛み止め、と言えば「ロキソニン」です。 痛い時、抜歯の後や、腫れてしまったとき、出された記憶のある方も多いと思います。 いつから使われているかは存じませんが、何の疑いもなく処方されています。 第一選択であり、効果もあるためです。 そして私たちも当たり前のように処方されてきたため、なんの疑問もいだいてきませんでした。   しかし、何でもかんでも「ロキソニン」というのは、どうやら問題があるようです。 ロキソニンは、鎮痛作用はしっかりあり、効き目もあります。 ところがその反面、副作用も多いのが難点です。   ご年配はさらに注意しなくてはいけません。 どのような副作用なのか、具体的に見てみましょう。   【ロキソニン錠の注意点】 ・血液をサラサラにする薬とロキソニン錠を併用すると、出血が止まりにくくなる。 ・腹痛、胃部不快感 ・食欲不振 ・悪心嘔吐、下痢 ・消化性潰瘍 ・便秘 ・胸やけ ・口内炎   「そういえば…」なんて思い当たる方も多いのではないでしょうか。 ちょっと我慢できる程度の副作用であれば辛抱することもできますが、「出血が止まりにくくなる」なんて想像しただけでも怖い感じがしますね。 よく効く、ことは良いことばかりとも限りません。 他の分野でも「とにか …続きを読む

2018年9月22日

 

 

守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科/無痛治療(むし歯治療)・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分