守山市の歯科医院(歯医者)おおた歯科こども歯科
無痛治療・小児歯科・虫歯治療/JR守山駅徒歩18分

滅菌対策

24時間予約受付
電話番号

採用情報
NEW!

RSS Feed Widget
歯の豆知識
RSS Feed Widget

おおた歯科こども歯科

〒524-0044
滋賀県守山市古高町81-5

TEL:077-596-5630

金属アレルギー
金属アレルギー当院は2015年7月に開院しました。
まだ開院して間もないですが、すでに金属アレルギーの方が3人いらっしゃっています。

金属アレルギーは花粉症と同じで、ある時突然発症します。

原因となるものが長期に身体(歯ぐき)に触れていることで、アレルギーが発生します。
お三方のうち2人は、皮膚科で実施されたパッチテストを元に、使用できる金属・使用できない金属を調べて治療に入りました。
皮膚科は、当院と連携をしております滋賀県立成人病センターを紹介いたしました。

「銀歯」と言われる詰めもの・被せものは、日本全国で使われています。
これらは、1種類の金属から成り立っているものではありません。
いわゆる「銀歯」は、100%銀ではないのです。
当院で使用している「銀歯」は、金、パラジウム、銀、銅、亜鉛、インジウム、ガリウム、イリジウムから成り立っています。

潜在的な人も含め、金属アレルギーの方は多く、元々勉強はしていました。
いざ開業し、現場で金属アレルギーの方とお会いするようになり、さらに深く勉強しました。
その結果、その方にとって何が一番良い治療かをご提案しやすくなりました。

元素別では、Hg(水銀)が一番金属アレルギーの原因です。
次いで、Ni(ニッケル)、Co(コバルト)、Cr(クロム)、Sn(スズ)、Pd(パラジウム)と続きます。

アマルガムの弊害
Hg(水銀)が含まれている歯科材料は「アマルガム」というものです。
私太田貴司が歯科医師になった時には、ほとんど使われていない材料です。
私自身も学生の実習以外で使用したことはありません。
水銀の弊害としては多種多様です。
お口がヒリヒリする 舌がざらざらする お口の中が渇く
口臭がする 胃腸の調子が悪い 便秘がある
下痢がある 胸やけがある めまいがある
頭痛・片頭痛がある 疲労感がある 睡眠障害がある
身体が痺れる、ピリピリする 味覚障害がある 嗅覚障害がある
頻尿である 腰痛がある 背中の痛みがある
首の痛みがある 肩が痛くなる 手足の痛みがある
風邪やインフルエンザにかかりやすい 風邪が治りにくい アレルギーがある
鼻炎がある のどの痛みがある むくみがある
目がかすむ 目が渇く 耳鳴りがある

アマルガムを除去すると、肩こりが改善したり、皮膚の湿疹が数か月で消えたりすることがあります。

保険治療 銀インレー 銀、パラジウム、インジウム、亜鉛、スズ、ガリウム
メタルコア 銀、パラジウム、インジウム、亜鉛、スズ、ガリウム
詰め物、被せ物 金、パラジウム、銀、銅、亜鉛、インジウム、ガリウム、イリジウム
自費診療 メタルボンド 金、白金、パラジウム、銀、銅、インジウム、スズ、イリジウム
金、銀、銅、インジウム、亜鉛
ファイバーコア 金属は使用しません
ジルコニア 金属は使用しません
お身体はどこも悪くないのに、体調が悪いという方。もしかしたら金属アレルギーかもしれません。
お口の中に古い金属が入っていませんか? 金属を入れてもらったら体調が悪くなりませんでしたか?

心当たりのある方は、おおた歯科こども歯科にご連絡下さい。

当院での金属アレルギーの治療例

ネットからの予約はこちらから

入れ歯(義歯)には、保険で行える入れ歯(義歯)と
自費治療にて行える入れ歯(義歯)があります>>材質の違いと料金表はこちらから